※写真はイメージ

写真拡大

気化しやすいガソリンは引火する恐れがあるため、ガソリンスタンドではタバコを吸ってはいけない決まりになっています(店内は別)。

車に乗る人であれば守って当然のマナーですが、中には知ってか知らずかタバコを吸う不届きものもいます。

そんな不届きものに、厳しいペナルティを課した人がいました。

あ…危ない!!

とあるガソリンスタンドの監視カメラがとらえた映像。そこには、計量器のすぐ隣でタバコを吸っているだけでなく、地面に灰を落とす運転手の姿が映し出されていました。

マナーがなっていない運転手に、ガソリンスタンドのスタッフが反応。

運転手に近寄り、次の瞬間…!

監視カメラの映像のため音声は入っていませんが、運転手の反応を見る限り、何度かスタッフから注意は受けていたのでしょう。

それでも止めなかった運転手に、店員が

強烈すぎるペナルティ…!!

映像を見た人からは「よくやった」との声も寄せられる一方で「やりすぎでは」といった、スタッフを非難するコメントも寄せられています。

しかし、運転手の行為は、その場にいる全員を危険にさらす行為です。ある意味、自業自得では…と思えてなりません。

[文・構成/grape編集部]