嫌なことやつらいことがあったら、彼氏に愚痴を聞いてもらいたいと思ったりもしますよね。

でも、その愚痴があまりにもひどいものだと、彼氏も聞いているだけで嫌な気分になってしまうでしょう。



出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、彼氏が本気で幻滅してしまう“彼女の愚痴”を紹介します。

 

■「親友」のことをボロクソに言う

いつも仲良さそうにしている親友の女の子の悪口を平気で言う姿には、さすがに彼氏も引いてしまうはずです。しかも、そこまで言うかというほどボロクソに言ったりしたら、あなたの人間性を疑われてもしまうかも。

さっきまで楽しそうに話していた親友のことを急に悪く言ったりすると、裏表がある人間だったり、腹黒い人間のようにも見えてしまいます。そんな姿を何度も見せたりしたら、彼氏からの信頼度も失ってしまいかねませんよ。

 

■他人を「羨んでばかりいる」

「○○ちゃんはいいよね」とか「○○さんばっかりいい思いしてる」などと、他人を羨んでばかりいると、幸せになれそうな感じがあまりしません。なので、そういった愚痴をこぼすことが多い彼女とは、一緒にいても彼氏もハッピーな気持ちになりにくいかも。

他人を羨みすぎると、「どうせ私なんて……」と悲観的な考えにもなりやすいです。そうなってしまうと、完全に負のループに入り込んでしまうので、余計にどんどん不幸な雰囲気も蔓延していってしまいますよ。

 

■「自分は悪くないアピール」が多い

他人のせいにしたり、会社のせいにしたり、時代のせいにしたり……。常に何かのせいにして、「決して自分は悪くない」というアピールをしてくる愚痴。これほど聞いていて嫌な気分になるものはありません。

さすがに彼氏だって、「人のせいにばっかりするなよ!」と怒鳴りたくなるような気分になっているかもしれません。自分の非を認めない女性のようにも見えるので、このまま付き合っていくことを彼氏が考えてしまう可能性だってありますよ。

 

■「同じこと」をずっと言っている

ネチネチとずっと同じことを言い続ける。まさに愚痴の王道ともいえる感じではありますが、聞いている方としてはかなり気分が悪くなります。「もうわかったよ……」と、半ば呆れてしまったりもするでしょう。

自分の中で納得できなかったり怒りが収まらないときは、愚痴や不満が止まらなくなったりもするでしょうが、延々と続けてしまったら彼氏もガマンの限界に達するはず。また、ネチネチ度が強すぎるのも、彼氏には確実に引かれてしまうでしょう。

 

彼女がたまに愚痴や不満をこぼしたりしたら、男性も「聞いてあげよう」という気持ちにはなるはず。でも、その内容が聞いていられないようなものであったら、うんざりされてしまうだけです。そんなことが多くなったら、一緒にいるのも嫌になってしまうかもしれませんよ。

【画像】

※ Dean Drobot/shutterstock