警察署長「霊能者を紹介します」 悲嘆に暮れる遺族に変わった助言

写真拡大

【バーリントン、米ロードアイランド州・AP通信】 ロードアイランド州には、愛する人を失った遺族にむけて一風変わったアドバイスを出す警察署長がいる。そのアドバイスとは、「霊能者と面会し、故人の魂とのコンタクトを試みよ」というものだ。

 州都プロビデンス市の郊外、バーリントンの警察署長を務めるジョン・ラクロス氏は、約40年前、当時21歳だった兄のジョーイ氏を自殺によって失った。心の慰めを求めて、ラクロス氏は霊能者を自称する人物たちと会い始めた。しかし彼に言わせると、死後の生について真に確信を抱かせてくれる人物にようやく出会えたのは、2000年のことだという。

 その数年後、彼はまた別の霊能者と面会した。その霊能者は、ラクロス氏の兄の死期と死因を正しく言い当てた。その具体的な方法(首吊り)に至るまでだ。「しかし、だったらあなたは兄の名を言えますか?」とラクロス氏は問いつめた。

「それはJから始まる名前です。ジョセフです」霊能者はそう答えたそうだ。(注記:英語名ジョセフの愛称はジョーイ)

 それ以来、ラクロス氏は兄の写真を常にパトカーに載せて持ち歩き、亡き兄にむけて話しかけては、何らかのしるしを示してくれるよう求め続けた。後になってまた別の霊能者が、亡き兄が自分にむけてメッセージを送っている証拠をはっきりと示したと、ラクロス氏は語った。

 ラクロス氏によると、ひとりの霊能者が、思いがけなく突然連絡をとってきた。その霊能者は、ラクロス氏が「あなたは霊的な正しい道にいるのか?」という質問を亡き兄にむけて投げかけた直後から、数年にわたって音信不通だった。久しぶりに現れたその人物は、「答えは『Yes』だ」という兄からのメッセージをラクロス氏に届けた。

 その人物が示した証拠は、刑事としてのラクロス氏が通常扱う、盗聴記録、目撃者証言、指紋などといった証拠とはまったく質の異なるものだったが、ラクロス氏に確信を抱かせるには十分だったという。ラクロス氏は、まず、事故や事件で愛する者を失った遺族が喪失の事実を受け入れられるようになるまで、数ヶ月ほど待つ。そしてその時点でもまだ苦しみが癒えない場合に限り、「そういうものを受け入れる素地がある」と彼自身が判断した遺族を対象に、霊能者を紹介している。

「半分以上のケースで、遺族たちは、霊能者に出会えたことについて後日わざわざお礼を言いに来てくれます」とラクロス氏は話した。

 10年前に10代の息子を自動車事故で亡くしたダン・コンバース氏もその一人だ。

「私の妻は、そのころ失意のどん底にありました」とコンバース氏は語った。「私は妻の目を見て、彼女がひどく暗い気持ちに浸っていることがわかりました。家に着くと妻は、死んだ息子のベッドの上に胎児のような格好でうずくまりました」

 その後、コンバース氏がラクロス氏に事故調査の最新情報を問い合わせたとき、ラクロス氏は、モーリーン・ハンコック氏(ラクロス氏の兄の死の最期を正しく言い当てた霊能者)が何か助けになってくれるかもしれないと提案した。

「それまで私は、霊能者を信じたことは一度もありませんでした。しかし今では、死後の生というのはたしかに存在すること、そして私はまだ息子と霊的に結びついており、私たちは再び会うだろうということを信じています」現在60歳のコンバース氏はそのように語った。「私はもはや、死を恐れません」

 霊能者のハンコック氏はインタビューの中で、次のように述べている。「物理的な肉体がこの地上の体験を終えても、エネルギーは持続します。そのエネルギーは、決して消えることのない刻印のようなものです」

 マンハッタン在住の80歳、マクシミリアン・デ・ラファイエット氏は、アメリカ超能力・霊能資格者連盟の創設者である。彼によれば、米国内には霊能者を名のる人々が21,000人以上もいるという。その数字は、彼が実施したアンケート調査に基づくものだ。

 霊能者たちの料金は、各人ごと、その人気によっても異なる。著名な霊能者のひとり、マット・フレイザー氏の場合、1時間のSkypeセッションで450ドル、1時間の電話セッションで350ドルを請求している。ミシガン州のクリスティ・ロビネット氏は、1時間あたり175ドルの料金を設定している。また、個人的なリーディング・セッションを無料で行う霊能者もいる。例えば前述のハンコック氏は、時にはライブのグループイベントも行うものの、そのほかの時間の大半を、病に苦しむ人や死の際にある人たちとともに過ごしている。

 各界から批判的な目で見られることもあるものの、米国の公的機関は、失踪した子供の捜索や、未解決の殺人事件を解決する目的で、時には超能力者や霊能者に協力を求めてきた。NBCのドラマ「ミーディアム」は、この慣行を題材に制作されたものである。

 全米警察署長協会のジャック・リンチッチ会長は、「現時点では、霊能者をインチキ科学として退けるつもりはない」と述べた。

 ウェストバージニア州チャールストン大学で過去に警察署長を務めたリンチッチ氏。「それがどのようなものであっても、一般に知られた論理に沿わないことだけを理由に何かを軽視することを、私は好みません」と彼は語った。「実際に霊能者がピタリと事実を言い当てたことが何度もあります。あなたはそれを偶然と呼ぶかもしれませんが」

「絶望に沈む人々は、従来の方法で癒しを得ることができない場合には、そのほかのどんなことでも試みるでしょう」と彼は付け加えた。

 しかし、リンチッチ氏ほどには寛大ではない人たちも多い。懐疑派に言わせると、霊能者を自称する人々は「コールド・リーディング」と呼ばれる手法を使い、できる限りの情報を収集してそれらしく見えるようにふるまう。よく使われる手は、「とにかくたくさんの言葉を投げて、その中で効果を上げそうな言葉を見抜くやり方」だと、マイケル・シャーマー氏は言う。シャーマー氏は、偽科学に対する反対運動を展開する「懐疑派協会」の設立者のひとりだ。

「実際にはそんな力などないにもかかわらず、自分たちが超能力者であるように見せかけるのです」とシャーマー氏は述べた。

 ラクロス氏によれば、彼が霊能者を紹介した遺族たちは、彼のことを「決してクレイジーと言ったりはしなかった」という。しかしその彼もまた、多くの人々が死後の生に対して懐疑的であり、本当に死者とコミュニケーションをとれると信じる人はさらに少ないことを認識している。彼の同僚の中にも、彼のやり方を懐疑的に見る者はいた。

「じっさい私も、最初は半信半疑でした」そう語るのは、バーリントンのタウンマネージャー、ジェームズ・クンヤ氏だ。「けれども私は、いろいろな話を聞いた後で、今では彼の話を信じているとあえて言いましょう。まずもってラクロス氏がそれを信じているのですから。そのことだけでも、おそらくそれは真実なのだろうと、私に確信を抱かせてくれます」

 ラクロス氏は、霊能者を紹介しても特に報酬は受け取らず、むしろセッションへの参加経費を彼自身が負担すると言う。だが、そんな彼自身、霊能者を自称する人々の中には、善人もいれば悪人もいると考えている。彼が信頼を置くのは、グーグルでは出てこない情報を引き出せる人物だけだ。霊能者を紹介するにあたり、彼はわざと偽の名前を使用するように遺族に勧めることもある。そうすることによって、霊能者は、「真実、霊を通じて情報を入手するしかなくなりますから」

「人を騙して金を取る詐欺的な人物もいます」とラクロス氏は言った。「ですから、注意深く、信頼に値する言葉を語る人物を選ばなければなりません」。

By MARINA HUTCHINSON
Translated by Conyac