法廷劇といえば、正義感ある検事や弁護士を主人公にした作品が多いのですが、あれって本当なの?実際の法廷って、必ず真実を追究できるものなのでしょうか?
そんな疑問に答えてくれるのが、是枝監督の新作『三度目の殺人』です。今回は、この映画から見えてくる、真実と法廷の関係を探ってみましょう。

のらりくらりな証言に翻弄される

『三度目の殺人』9月9日全国公開。監督:是枝裕和、出演:福山雅治、役所広司、広瀬すず、斉藤由貴ほか。 (C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ

『三度目の殺人』は、前科のある三隅(役所広司)が、殺人を自供。死刑確定が確実となっているなか、三隅の弁護を担当する弁護士重盛(福山雅治)は、無期懲役の減刑を勝ち取ろうとする。簡単に片付くはずだった案件だったが、三隅に接見した重盛は、三隅の証言の曖昧さに疑問を抱く。
果たして三隅は本当に殺人を犯したのだろうか。というのがストーリー。

弁護士の重盛は「法廷に真実なんて必要ない」と考えているクールな男。裁判官の父を持つエリート弁護士ですが、彼が今回担当したのが、河原で男を殺害したと自供した三隅の弁護。

三隅は殺人を自供したにもかかわらず、重盛との接見では証言が曖昧。「そんなこといいましたっけ?」という感じで、のらりくらりと重盛の質問をかわします。

「はい、私が殺しました」とハッキリ言う三隅ですが、見ている側も「これ、本当なの?」と疑うほど、三隅の話し方は雲の上をふわふわ歩いているような、地に足がついていないような感じなのです。

このふわふわな証言を聞いていくうちに、見ている方も「この人、殺していないかも」と思ってくるんですね。弁護士の重盛も「この事件には裏がある」と感じるようになります。

ここまでは、いわゆるサスペンス風な作り方なので、普通に楽しめます。この映画は、この三隅の曖昧さから深いところへ、潜っていきます。

焦りは禁物、犯人捜しに急いてはなりませぬ

曖昧な証言が続く中、三隅は事件の真相を知りたいという衝動にかられていきます。彼がどんな生活を送っていたか探っていきます。被害者は食品加工をしている工場長。被害者の娘(広瀬すず)と母(斉藤由貴)は、三隅の曖昧な証言により、マスコミから追われるようになります。

斉藤由貴の虚ろでどこか焦点が合わない視線の使い方が絶妙。すずちゃんの影のある演技も必見です。(C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ

なぜ彼女達がマスコミから追われるのか、そこは見てお楽しみなのですが、この母娘もまた、のらりくらりと真実を隠しているようなそぶりを見せるんですよね。

三隅は毎回違うことを証言するし、被害者の家族も秘密がありそうだし、何が真実なのか謎は深まるばかりなんです。

正直、見ていてイライラしますし、モヤモヤもします。誰が犯人なんだよ!早く教えて〜!と答えを知りたくなりますが、この映画にその焦りは禁物です。ここはグッとこらえて、物語りの行く末を見ていきましょう。

法廷って何をするところ?という素朴な疑問

法廷劇の本作ですから、もちろん法廷シーンも出てきます。三隅の公判では、重盛弁護士と検事、裁判官が登場。
とあることがきっかけで、裁判は大きな局面を迎えるのですが、三者が話し合うシーンで、妙なやりとりがあるんです。
「まぁ、ここはあれだな」「あ、はい、わかりました」「〜そうですね、ではそういうことで」
というような、妙な「あうん」の会話が入るんです。「あれ、日本の裁判ってこういう感じで進むの?」という疑問が生じます。

裁判のシーンも必見。裁判を見守る人たち、みんな黒服ですね。(c)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ

要は、裁判官は裁判に日々追われていて、公判のスケジュールがびっしり埋まっているんですよね。そこで裁判の内容を大きく揺るがすようなことが起きると、イチから裁判をやり直さないといけないんです。それは非常に労力も費用もかかることで、できればそれは避けたいのです。

正直、これは見ていて大きなショックを覚えます。法廷は悪を裁き、真実を解明する場所であると思っていたのですが、違う面も持っているのです。

敏腕検事が被疑者の心の声を引き出し、真実を解明し、新犯人を見つける。そんなテレビドラマもありましたが、あれがすべてではないんですね。

ガラス1枚を隔てて心の奥を探ろうとする重盛。(c)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ

実際に、是枝監督は多くの弁護士の取材をし、彼らから「法廷は真実を解明する場所ではない」と聞いたそうです。ここから、何が真実かわからないような映画を撮ろうと思いついたのだとか。

この映画は、裁きのシステムだけは維持されていくという恐ろしい現実を見せてくれます。犯罪を犯さないのが一番ですが、自分がいつ被害者になるかわかりません。日本の裁きのシステムは不安定なところがある。その事実を知ることも、日本に暮らす私達には必要なのかもしれません。