'15年に放送され話題を呼んだ綾野剛主演のヒューマン医療ドラマの第2弾「コウノドリ」

写真拡大

10月に入り、秋ドラマが続々とスタート! 金曜日放送から「ユニバーサル広告社―」(テレビ東京系ほか)、「コウノドリ」(TBS系)、「マチ工場のオンナ」(NHK総合)、「重要参考人探偵」(テレビ朝日系)、「新宿セブン」(テレビ東京系)、「セトウツミ」(テレビ東京ほか)の6本をピックアップ。その人間関係が一目で分かる相関図とあらすじを詳解する。

【写真を見る】隠岐の島で「コウノドリ」のクランクインした綾野剛と佐々木蔵之介(右から)

■ 命に向き合う産婦人科医・サクラが再び!「コウノドリ」

'15年に放送され話題を呼んだ綾野剛主演のヒューマン医療ドラマの第2弾。患者に寄り添う産婦人科医と天才ピアニストという2つの顔を持つミステリアスな主人公・鴻鳥サクラ(綾野)の1年半後が描かれる。サクラは助産師の小松(吉田)と耳が聞こえない妊婦のマナを診察する。夫の健冶も付き添いで来ていたが、健治も耳が聞こえず、医療用語は手話や口唇術では伝えるのが難しいため筆談で伝え、ケアしていた。一方、四宮(星野)はキャリアウーマンの妊婦、彩加を診察する。診断の結果、彩加の赤ちゃんは“心室中隔欠損”と呼ばれる心臓に小さな穴が開く疾患にかかっていることが分かる。そんな中、街中でマナが突然、破水したと連絡が入る(第1話)。

■ 星野源のクランクインはまるで記者会見状態に!

星野がクランクイン。スタッフに紹介された星野はカメラのフラッシュに「記者会見みたい」星野源のクランクインはまるで記者会見状態に!とスタッフと大笑い。そんな星野は坂口と一緒のシーンから撮影が始まり「よろしく」とお互いに礼を! 

■ 人々の絆を描くヒューマンコメディードラマ「ユニバーサル広告社〜あなたの人生売り込みます!〜」

原作・荻原浩×脚本・岡田惠和×主演・沢村一樹のSPドラマが連ドラ化! かつて一流広告代理店の売れっ子クリエーターだった杉山(沢村)が弱小会社「ユニバーサル広告社」に勤めるようになり数年。杉山は港町の寂れたシャッター商店街で転がり込んできた小さな仕事に奮闘していく(第1話)。

■ 朝の連続テレビ小説「ひよっこ」コンビ再び

脚本の岡田惠和は「ひよっこ」(NHK総合ほか)後初のドラマ脚本。沢村はテレビ東京の連続ドラマに初主演。さらに、「ユニバーサル広告社」シリーズは初の連続ドラマ化!!  

■ 経験ゼロの専業主婦がいきなり町工場社長に!「マチ工場のオンナ」

実業家・諏訪貴子の著書を原作に、社長業に奮闘する女性の姿を描くヒューマンドラマ。内山理名が、町工場の社長になった主婦を演じる。 専業主婦の光(内山)は、町工場を経営する父・泰造(舘)ががんで余命4日だと知る。病床の父から、町工場への思いを聞き、2代目社長となることを決意する(第1話)。

■ 原作の町工場に足を運び劇中音楽に生かす!

原作の舞台である東京・大田区の町工場を音楽担当の澁江夏奈が取材。澁江は「町工場で見たものをいかに音楽に落とし込めるか、今からワクワクしています」とコメント。

■ イケメンモデルが華麗に事件を解決!「重要参考人探偵」

なぜか死体の第一発見者となってしまう不幸体質な主人公が、逮捕寸前に驚異的な集中力で犯人を突き止めるコメディーミステリー。圭(玉森)は、斎(小山)やシモン(古川)とモデルを務める腕時計のレセプションパーティーを訪れる。会場で殺人事件が発生し、圭が第一発見者となってしまう(第1話)。

■ クランクイン前に決めたあだ名で呼ぶルールを実行中!

古川は“小山さん”と呼び、1回ミスしてしまう一幕も。玉森は古川は呼べるが、「勇気がいる…」と小山には苦戦中!? 

■ 歌舞伎町の鑑定士が真実を暴く!「新宿セブン」

歓楽街・歌舞伎町にある質屋を舞台に描くミステリー。あらゆる物の真実を暴く主人公の鑑定士は、連ドラ初主演の上田竜也。七瀬(上田)が店主の七瀬質屋には、ブランド品から臓器まであらゆるものが持ち込まれる。ある日、七瀬はなじみの大物から、鑑定希望の中国人を紹介される(第1話)。

■ 上田竜也の魅力的な鋭い“眼力”がポイント!

上田に役作りでこだわりの点を聞いてみると「眼力」とのこと。クランクイン初日から物おじしないまなざしがすごい!

■ まったりしゃべるだけの一風変わった青春譚「セトウツミ」

映画版もヒットした此元和津也原作の同名漫画が今度はドラマ化。暇を持て余して河原でだべっている関西の男子高校生・内海(高杉)と瀬戸(葉山)。瀬戸が、USJに行ったことを話し始めるが、「ユニバーサル・スタジオ・ジェーピー」という略し方をしたことから、略し方の話に発展する(第1話)。

■ しゃべるだけ」のドラマで高杉が関西弁に苦戦!?

関西出身の葉山と清原が、ナチュラルな関西弁を披露する一方、高杉は、関西弁を猛特訓中。原作ファンでもあるため、不安ながらも「演じる機会を頂けて楽しみ」と語った。