日本代表【写真:Getty Images】

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2017・ニュージーランド代表戦に臨む日本代表のスターティングメンバーが発表された。

▼GK

1 川島永嗣(FCメス/フランス)

▼DF
5 長友佑都(インテル/イタリア)
20 槙野智章(浦和レッズ)
22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)

▼MF
10 香川真司(ドルトムント/ドイツ)
16 山口蛍(セレッソ大阪)
2 井手口陽介(ガンバ大阪)

▼FW
15 大迫勇也(ケルン/ドイツ)
9 武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)
11 久保裕也(ヘント/ベルギー)

 ロシアW杯に向け新たなスタートを切った日本代表。その初戦でヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、上記の11人を先発に選んだ。CBには浦和レッズに所属する槙野智章を抜擢。ディフェンスリーダーである吉田麻也とコンビを組むことになる。SBは長友佑都、酒井宏樹と経験豊富な2人が名を連ねた。

 ハリルジャパンの背番号10、香川真司をスタートから起用。井手口陽介、山口蛍というハードワーカーたちと中盤を形成する。ダブルボランチの前に香川が入るのか、それともアンカー+インサイドハーフの形になるのか。いずれにしても、それぞれに特徴を発揮してもらいたいところだ。

 前線は武藤嘉紀、大迫勇也、久保裕也の3枚。武藤はCF起用も予想されたが、大迫が名を連ねているとなると、マインツで活躍するアタッカーは左サイドでのプレーとなりそうだ。スピードとパワーが武器の武藤はワイドのポジションでも十分に輝けるはずだ。本田圭佑、岡崎慎司が不在の今回、これまで出場機会の少なかった前線の面々にとっては格好のアピールの場だ。是非、チャンスを活かしてもらいたいところだ。

 なお、指揮官は交代枠『6』を使い切る意思を示しており、多くの選手に出場機会が与えられることになりそうだ。

text by 編集部