【誕生月・仕事&金運事典】4月生まれは業界の花形、アイデアをお金にかえる才能あり!

写真拡大

――生まれ月や季節は、人の運命にどのような影響を与えているのでしょうか。1月から12月まで月名の由来について紹介しながら、誕生月別の仕事運と金運を、そして、運気アップできるアイテムを紹介します。

バックナンバーはこちら>>

■4月の名前
 April(エイプリル)は、「開く」という単語に由来します。この時期、色とりどりの花が咲き、大地が豊かに開くからです。4月はのちに、地中海の白い泡から生まれた美の女神、Aaphrodi(アフロディテ)に捧げられました。アフロディテが歩く足もとから、緑の草や花々が咲き開くのです。華やかに、あでやかに、花開く月。そんな4月生まれの人の仕事運と金運をみてみましょう。

■4月生まれの人の仕事運……どこにいても目立つ業界の花形
 4月生まれはどんな仕事をしていても、注目を集める人です。見られているという意識はないかもしれません。本人としては、自分がすべきことをしているだけなのです。でも行動力があって、大胆で天真爛漫な4月生まれは、業界の花形。どこにいても目立ちます。応援する人、ファンになる人もいれば、対抗心を燃やす人もいます。4月生まれのまわりは、にぎやかで活気にあふれているでしょう。

■4月生まれの人の金運……アイデアをお金にかえる才能あり
 4月生まれの人には、お金を生み出す力があります。アイデアと工夫と企画力を生かして、前例にない新しい何かを、お金にかえていく才能があるのです。4月生まれの金運は、動かすほど、お金を回すほど、活性化していきます。ただし、コツコツと貯めるのは苦手なので、できれば、お金の管理は誰かにサポートしてもらうのがいいでしょう。そうすれば稼ぐことに集中できるからです。

■4月生まれの人の運気アップのラッキーアイテム
バラの花……多くの人を引きつける、魅力を高めてくれるアイテムです。
四つ葉……直感がより鋭くなり、不思議な偶然から幸運をつかむでしょう。
鳩……平和の象徴の鳩は、4月生まれに、うれしい知らせを運んできてくれます。
リボンベルト……流行のサッシュベルトでウエストマークすることで良縁がつながります。
ハンドクリーム……手のつやを保つことで、いい縁をつかむことができます。

 4月生まれには無欲な人が多いのですが、「欲しい」と思ったものは、必ず手に入れることになります。本当に欲しいものは何なのか、あらためて考えてみるといいでしょう。
(高橋桐矢)
※参考図書/『現代こよみ読み解き事典』(岡田芳朗・阿久根末忠編著/柏書房)