バルサ構想外の31歳DF、“矛盾した状況”の苦悩告白「今はセカンドチームですら…」

写真拡大

今季復帰した元アーセナル主将のヴェルメーレンだが、いまだに出番を得られず

 バルセロナのベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンは、負傷の多さからクラブで十分な出場機会を手にすることができていない。

 名門アーセナルの元キャプテンは、監督の構想外という厳しい現実を嘆いている。スペイン紙「マルカ」が報じた。

 ヴェルメーレンは2014年夏にアーセナルからバルセロナに加入。しかし、度重なる負傷から移籍1年目のシーズンはリーグ戦1試合のみの出場に終わるなど、2年の間にアーセナル時代の輝きは失われていった。2016-17シーズンに期限付き移籍したローマでもピッチに立ったのは公式戦12試合のみ。今夏バルサに復帰したが、もはやエルネスト・バルベルデ監督の構想には入っておらず、いまだに出番を得ることができていない。

 ベルギー代表のレフティーは苦しい胸の内を吐き出している。

「クラブには(今夏)移籍できないと言われた。いくつかのクラブが興味を示してくれたが、僕はここに残らなければいけなかった。でも、今はセカンドチームですらプレーできない。これはとても難しい状況だ」

再びバルサの一員としてピッチに立てるのか

 ヴェルメーレンには母国ベルギーのアンデルレヒトやプレミアリーグのエバートンなどが獲得に関心を示していたが、バルサが移籍を認めなかったという。しかし、今のクラブには居場所がないという矛盾した状況を迎えている。

 受難の時が続いているが、「監督と話して僕のトレーニングの様子に満足しているようだった」と一歩ずつ着実にアピールを続けているヴェルメーレン。「今は上手くいっていないが、来週には変わるかもしれない」と状況の改善を目指して懸命のトレーニングを続けている。

 今はベンチ入りすらままならない状況だが、31歳のベテランはブラウグラナ(青とえんじを意味するバルサの愛称)の一員として再びピッチに立つことはできるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images