画像提供:マイナビニュース

写真拡大

小泉成器は10月上旬より順次、「リサ・ラーソン」「ムーン」の柄を採用した電気暖房器具8アイテムを発売開始する。

リサ・ラーソンは、1931年スウェーデン(ヘルルンダ)生まれの女性陶芸家。動物シリーズをはじめとした約320種類の優れた作品を生み出し、スウェーデンを代表する陶芸家として一躍人気を集めた。やさしくかわいいコケティッシュな動物や、素朴で温かみのある表情豊かなフィギュアは、本国スウェーデンや日本のみならず、世界中で多くのファンに愛されている。

今回のコラボによる新製品は、ネコの人気キャラクター「マイキー」(掛敷毛布、敷毛布、パーソナルマット、ひざ掛け)と、ハリネズミ三兄弟の「イギー・ピギー・パンキー」(掛敷毛布、敷毛布)をモチーフとした6アイテム。肌触りがよく柔らかい厚みのあるフランネル生地を使用している。

希望小売価格(税別)は、リサ・ラーソン「マイキー」電気敷毛布と同「イギー・ピギー・パンキー」電気敷毛布が各7,880円。同「マイキー」電気掛敷毛布と同「イギー・ピギー・パンキー」電気掛敷毛布が各1万1,880円。同「マイキー」電気ひざ掛けは7,380円。同「マイキー」電気パーソナルマットは9,880円。

ムーン社(Abraham Moon & Sons Ltd.)は、ビクトリア女王が英国の王位を継承された1837年、アブラハム・ムーン氏によって創業された歴史あるイギリスのテキスタイルメーカー。現在でも生産工程を一貫して英国内の自社工場で行ない受け継がれてきた伝統を大切にしつつ、現代的なデザインと伝統工芸の融合を図り最新の流行を取り入れた製品を送り出している。

今回は、肌触りよく仕上げられた、伝統と流行が融合されたチェック柄のウール100%生地を電気ひざ掛けにアレンジ。使いやすい暖房器具でありながら、ムーン社の提供する質の高いテキスタイルを楽しむことができる。柄は2種で、各オープン価格。