(写真=ソン・ヨンジェInstagramより)

写真拡大

今年2月に引退した元新体操韓国代表選手のソン・ヨンジェ(23)が話題を集めている。

引退後は女子大生として大学生活を送りつつも、FTISLANDのメンバー、チェ・ジョンフンとの熱愛が発覚されたり、あの“崔順実ゲート”とも関係する『ヌルプン体操』に出席していたことで炎上した彼女。

それでもそのキュートなルックスに加え、最近は大人の色気まで漂わせている彼女への関心は相変わらず高く、雑誌やテレビでもよく取り上げられている。

「違う人生を送れるのは楽しい」

女性ファッション誌『Instyle』10月号では、ファッショングラビアとともに近況を伝えた。最近「学校生活にどっぷりハマっている」という彼女は、引退についてこう語っている。

「(早期引退は)ある意味では新体操選手の長所だと思います。20代前半とそれ以降に、それぞれ違う人生を送れるのは楽しいことじゃないですか」

今後の計画について問われると、「人生の方向はまだきちんと決められませんでした。やりたいことが多いんです。今は人生について学んでいる時期ですから、いろんな分野に挑戦したいと思っています」と回答。“第2の人生”に対する悩みを打ち明けた。

引退後はゴルフを始めたらしく、ゴルフウェア姿の写真をSNSに掲載したりしている。もし彼女が女子ゴルファーだったら、間違いなく旋風を巻き起こしたことだろう。

引退に際して「芸能界進出は当分考えていない」とコメントしたソン・ヨンジェだが、ここ最近の活動を見る限り、彼女が挑戦したいと言った“いろんな分野”の中には芸能界も含まれているような気がしてならない。

相次ぐテレビ出演

というのも、去る4月には自然を題材にしたドキュメンタリー番組『これが野生だ』にテレビ初のレギュラー出演。今まで経験したことのない大自然に触れる姿を披露した。

10月からは、リアリティ番組『私の部屋を旅する、見知らぬ人のための案内所』にレギュラー出演している。

“見知らぬ人の日常を体験する”という番組のコンセプトに従って同い年のデンマーク出身女子の部屋で暮らす彼女の自然体な姿が、大きな反響を呼んでいるようだ。

現役時代には体重管理のために食べられなかったお菓子やパン、お酒などを自由に楽しみ、少しふっくらした風貌と変わったことにも、親しみを感じざるを得ない。

韓国では最近、リアリティ番組が大きな人気を博しているだけに、この番組を通じてそれまでのマイナスイメージを払拭し、さらなるイメージアップに繋がるかどうかにも注目が集まる。

はたしてソン・ヨンジェはどんな道を歩むことになるか。気になる今後の行方から、目が離せない。

(参考記事:さらば“美しき妖精”。新体操ソン・ヨンジェに韓国が注いだ「愛と無情」

(文=S-KOREA編集部)