PSGがカバーニ放出か

写真拡大

来シーズンに向けてPSGはカバーニを売却することでネイマールとのライバル争いに終止符を打とうとしている。 

5日木曜日の『Le  Parisien』の記事によれば、PSGは来年夏にカバーニを放出し、アーセナル所属のチリ代表アレクシス・サンチェスを代わりに獲得しようとしている。 

“PSGにとってこのオペレーションは有益だ。なぜならアレクシス・サンチェスはアーセナルとの契約を来年6月30日に満了するからだ。また2020年に契約が満了するカバーニを売却することで、PSGは多額の資金を調達できる。”と同紙は報じている。 

同紙によれば、PSGのオーナーであるナセル・アル・ケライフィは、欧州CL優勝を見据え、メディア映えし、年齢の若いネイマールを主役に据えることに躊躇が無いようだ。