画像提供:マイナビニュース

写真拡大

トヨタ自動車は6日、「第45回 東京モーターショー2017」において、スポーツカーと環境技術を融合した新たなクルマの楽しさを提案するコンセプトカー「GR HV SPORTS concept」を世界初披露すると発表した。今年の東京モーターショーは東京ビッグサイトで10月25日から開催。10月28日から11月5日まで一般公開される。

「GR HV SPORTS concept」は、TOYOTA GAZOO Racingが世界耐久選手権(WEC)で戦うハイブリッドレーシングマシン「TS050 HYBRID」を想起させるデザインとなっており、トヨタ伝統のオープンスポーツ「トヨタスポーツ800」(ヨタハチ)や「スープラ」にも設定された「エアロトップ」スタイルとなっている。

エクステリアは、ピュアスポーツカーとして機能性を徹底的に追求すると同時に、「TS050 HYBRID」をイメージさせるLEDヘッドランプやアルミホイール、リヤディフューザーを採用。ボディカラーは力強さと迫力を感じさせる「マットブラック」とした。インテリアは、センタークラスターにオートマチックのギアポジションスイッチを配置してレーシーな雰囲気を演出し、プッシュ式のスタートスイッチを開閉式のシフトノブ内に設置して遊び心を持たせている。

パワートレインは、「TS050 HYBRID」で鍛えたハイブリッド技術「THS-R(TOYOTA Hybrid System-Racing)」を搭載し、「THS-R」によるピュアスポーツカーとしての走りと、エアロトップによるオープンエアの開放感を同時に満喫できる。

ボタンひとつでマニュアルモードへの切替えが可能で、オートマチック車でありながら6速マニュアル車のような操作を楽しめるHパターンシフトを採用。ハイブリッドバッテリーは車両中央付近に搭載し、重量物である駆動用のバッテリーを中央に搭載することで、スポーツカーとして走りの性能向上にも貢献している。