南米予選は“4差”に6カ国の大混戦 W杯出場圏外のメッシ擁するアルゼンチンに残された道は…

写真拡大

2位ウルグアイは優勢、実質残り「2.5枠」を5チームで争う

 ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選は現地時間5日に第17節が行われ、10日に行われる最終戦を残すのみとなった。

 本大会への自動出場権を手にできる上位4カ国のうち、決定しているのは首位ブラジルのみ。2位以下、6チームが勝ち点差4の中にひしめく大混戦となっている。5日のペルー戦でスコアレスドローに終わった大国アルゼンチンはW杯出場圏外の6位に転落したが、最終戦に勝利すれば高い確率で本大会への切符を獲得できそうだ。

 10カ国で争われる南米予選は、上位4チームが本大会出場、5位が大陸間プレーオフに回る。最終戦を残して勝ち点38と断トツ1位のブラジルがすでにロシア行きを決めており、8位エクアドル、9位ボリビア、10位ベネズエラが予選敗退となった。しかし、裏を返せばプレーオフも含めて6カ国にまだ本大会出場の可能性が残っている。

 対象国は2位ウルグアイ(勝ち点28)、3位チリ(同26)、4位コロンビア(同26)、5位ペルー(同25)、6位アルゼンチン(同25)、7位パラグアイ(同24)。最終戦の対戦カードは、ブラジル対チリ、ウルグアイ対ボリビア、ペルー対コロンビア、エクアドル対アルゼンチン、パラグアイ対ベネズエラとなっている。

 最も優位な状況にあるのは2位ウルグアイだ。最終戦の相手ボリビアは高地で行われるホームゲームでは無類の強さを発揮するが、今回はウルグアイがホーム。さらに、仮に敗れたとしてもチリ、アルゼンチンが勝利した上で、コロンビア対ペルーが引き分け以外の結果でなければ5位には転落しない。さらに、勝ち点で並ぶ可能性があるペルーとアルゼンチンとは得失点で9差をつけており、突破は極めて濃厚と言えるだろう。

“圏外”の6位アルゼンチンは勝利すれば…

 一方の3位チリは、最終戦が敵地でのブラジル戦。すでに本大会出場を決めている相手とはいえ、楽観視できる状況ではない。引き分け以下に終われば、パラグアイが大勝した場合には6位まで転落する“最悪のシナリオ”も残されている。また、4位コロンビアと5位ペルーは文字通りの「決戦」になるが、コロンビアは引き分けでも5位以内の確保が濃厚で、勝ち点で追いかける立場のペルーは勝利がマストと言えるだろう。7位パラグアイは最下位とのホームゲームのため、大勝して劣勢にある得失点差まで回復することが求められる。

 そうしたなか、6位に転落したアルゼンチンは危機的状況にある。ペルーとコロンビアが直接対決のため、エクアドルに勝利さえすれば確実にどちらかのチームを上回って5位以内に入ることが可能だが、引き分けた場合は事情が異なる。ペルーとは得失点差で並ぶものの総得点で劣るため、仮にペルーが引き分けても逆転が厳しい。ペルーが敗れたとしても、パラグアイが勝てばその時点で逆転される。その時は、ブラジルがチリに2点差以上で勝利することを願うしかない。

 大陸間プレーオフで対戦する相手は、6日に国際親善試合でハリルジャパンと対戦するオセアニア代表のニュージーランドだ。プレーオフという環境を侮ることはできないが、現実的に考えれば南米で5位になったチームの本大会出場権獲得の可能性は高い。

 現在、世界最高峰のプレーヤーの一人とされるFWリオネル・メッシなどを擁するスター軍団をW杯本大会で見ることができるかは、最終戦に勝利できるかどうかに懸かっている。しかし、それさえ実現してしまえば、本大会出場の可能性はかなり大きくなるだろう。

[第18節/10月10日]
ブラジル vs チリ
エクアドル vs アルゼンチン
ペルー vs コロンビア
ウルグアイ vs ボリビア
パラグアイ vs ベネズエラ

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images