スーパー耐久シリーズと言えば、市販車をベースに仕上げられたレーシングマシンで戦うレースの最高峰として参加台数が年々増え続けているシリーズ。2016年からは3時間フォーマットの耐久レースを2グループに分けて2レース制にしなければならないほどの大盛況となっています。

そんなスーパー耐久シリーズでも最大最長のレース時間となるのが、9月2〜3日に開催されたSUPER TEC富士10時間レース。このレースと鈴鹿サバイバルだけはFIA GT3を使ったST-Xクラスからガソリンエンジン1500cc相当のマシンで競われるST-5クラスまで全てのクラスが混走でレースを行います。

昨年辺りからST-5クラスには大きな異変が起きていて、今年はその異変がはっきりとしたカタチで現れてきたことが話題となっています。

その異変とはマツダ車の隆盛! 富士10時間レースではデミオディーゼルのDXLアラゴスタNOPROデミオSKY-Dが5時間以上もトップを走り優勝を飾りました。

2位となったNDロードスターの村上モータースMAZDAロードスターNDは富士10時間と開幕戦のもてぎ以外は今シーズン全て優勝の3連勝。

SUPER TEC富士10時間という長いレース時間の中ではトラブルなども起こりやすいはずですが、優勝と2位のマツダ勢には大きなトラブルもなく、2位のロードスターにペナルティが2回あったのみ。

10時間走って1分しか差がなかった両者ですが、熾烈な争いの末にデミオディーゼルが優勝を果たしました。オートポリス戦のマツダ車表彰台独占に続いての表彰台は一番高い場所となったのです。

NDロードスターは予選でトップを獲得し、そのまま逃げ切ってのポール to ウィンというスタイルでの勝ち方ですが、デミオディーゼルの場合はピット時間の短さで勝負をかけます。

レース中の給油が20リッターまでに制限されているST-5クラスでは、毎回給油が当たり前となりますが、デミオディーゼルの場合は義務ピット回数が多ければ給油をしないでピットアウトできるスティントもあるだけにピット作業時間は大幅に短縮できます。

またディーゼルゆえに高回転は不得手でトップスピードは伸びきりませんが、アップダウンの大きなコースでの登りセクションはトルクの太さでグイグイ登っていきます。富士で言えば第3セクターはほぼ最速といえるかもしれません。そのため完全なスポーツカーのNDロードスターにも一矢報いることが出来るのです。

そしてマツダ勢優勢のもうひとつの雄、というよりもむしろマツダ車優勢を引張っているのがNDロードスターといえます。現在このクラス唯一の後輪駆動車でなおかつ低く小さい。運動性はハッチバックばかりのホンダ、トヨタ勢に比べれば圧倒的に有利で、昨シーズンのうちにネガをつぶしまくったおかげで今年は安定した速さを誇るに至ります。

NDロードスターは今年は一大勢力となっており、Nissoku ND ROADSTERとLOVE DRIVE RACING ロードスターを含めて4台も参戦しているのです。

デミオはガソリン車も参戦。モータースポーツベース車両としてマツダが販売している15MBというグレードをベースに仕上げられているのがodula MAZDA DEMIO 15MB。

ST-5クラス年間エントリー13台のうち6台、つまりほぼ半分がマツダ車という状況は、昨年、一昨年では考えられませんでした。

マツダ車が参戦しているのはST-5クラスだけではありません。トヨタ86やホンダ・インテグラなども参戦するST-4クラスにはNCロードスターのTC CORSE iRacing ROADSTERが参戦。

そして無謀とも思える挑戦を続けるマツダ車として今年注目されているのがアクセラディーゼルのDXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-D 。エンジンやブレーキのオーバーヒート対策に追われ鈴鹿戦までは満足に走ることが出来なかったアクセラディーゼルですが、その問題点が解消された富士では最下位を脱出。レクサスRCやフェアレディZなどを敵に回し9台中7位で10時間をフィニッシュ。ポイントランキングでも11台中9位というポジションとなっています。

次戦は10月14〜15日、いよいよ岡山での最終戦。今年大活躍のマツダ系チームをマツダのお膝元ともいえる岡山国際サーキットで応援するピットツアーも開催されることになっています。

ロータリーエンジンの終焉以来久々のマツダの大活躍。最終戦は岡山国際サーキットで観戦か、もしくはYoutubeのスーパー耐久チャンネルで観戦しましょう。

(写真・文:松永和浩)

【関連リンク】

MZ Racing MZRacing 2017スーパー耐久第6戦岡山 マツダ車チーム応援観戦会 開催のお知らせ
http://mzracing.jp/news/8896

スーパー耐久Youtubeチャンネル Super Taikyu TV
https://www.youtube.com/channel/UC8sfQKfk_4_JePSHSupvT4w

今年のスーパー耐久はマツダが強い! 富士10時間ではデミオディーゼルがクラス優勝。車ごとに異なる「強み」とは?【スーパー耐久2017】(http://clicccar.com/2017/10/06/518226/)