オランダ遠征を心待ちにする本田圭佑「友達が会いに来てくれる」

写真拡大

 FW本田圭佑がオランダでの試合を心待ちにしているようだ。現在、欧州遠征中のパチューカは6日にスペインでセルタと対戦。9日にはPSVとの試合を控えており、本田は有料メルマガコンテンツ『CHANGE THE WORLD by KSK』で、「友達が会いに来てくれる」と明かした。

 海外挑戦の第一歩に選んだのがオランダたった。本田は2008年1月に名古屋グランパスからVVVフェンロに移籍。2008−09シーズンの途中からはキャプテンに任命され、1部昇格の原動力となった。本田にとってオランダは“第二の故郷”だという。

 そして、今回のオランダ遠征。VVVフェンロのハイベルデン会長が練習や試合に訪れるそうで、「フェンロの仲のいい友達も会いに来る」と、どこかうれしそうだ。慣れ親しんだオランダの地で、成長した姿を見せたいところ。本田は「オランダはちょっと違う雰囲気で楽しめるんじゃないかなと思います」と胸を膨らませた。

※本田圭佑オフィシャルメルマガの承認を得て一部抜粋、掲載しています。