カバーニ、今冬の移籍市場でレアルの標的に? CF不足で補強が急務

写真拡大

 レアル・マドリードが今冬の移籍市場でパリ・サンジェルマンに所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの獲得を画策しているようだ。スペイン紙『ドン・バロン』が5日付で報じた。

 今夏の移籍市場で、チェルシーにスペイン代表アルバロ・モラタを、リヨンにドミニカ共和国代表FWマリアーノ・ディアスを放出していたレアル・マドリード。9月序盤にはフランス代表FWカリム・ベンゼマが負傷離脱し、センターフォワードのポジションを本職とする選手が、レンタルから復帰したばかりのU−21スペイン代表FWボルハ・マジョラルのみという状況に陥った。

 マジョラルの起用、2トップシステムの採用、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを1トップに置くことで“CF不在”のなんとか危機を乗り切ったレアル・マドリードだが、格下のベティスに敗れるなど、その影響が顕著に出ることも少なくなかった。

 すでにベンゼマは練習に復帰しているようだが、頭数が不足していることは以前から指摘されており、冬の移籍市場でCFの獲得を目論んでいるようだ。

 そこで浮上したのがパリ・サンジェルマン退団の噂が浮上しているカバーニだ。フロレンティーノ・ペレス会長が獲得を望んでいるともされており、同会長は再び同じような事態に陥らないためにも、今冬の移籍市場でカバーニをクラブに引き入れることを望んでいるようだ。