@AUTOCAR

写真拡大 (全2枚)

ダイハツ流 「軽やかに輝いた暮らし」

第45回東京モーターショーに、

・ワールドプレミア4車種4台
・ジャパンプレミア1車種1台
・1台の市販予定車
・10台の市販車

を出展する。

今回ダイハツは、2017年3月の創立110周年を期に刷新したグループスローガン「Light you up 〜らしく、ともに、軽やかに〜」を出展テーマに掲げる。

今回出展するコンセプトカーでは、少子高齢化や働き方の多様化など身近に様々な社会課題/環境変化がある中、お客様に最も近いブランドを目指すダイハツならではの視点から「軽やかに輝いた暮らし」を提案するという。

具体的には、軽自動車を核にコンパクトカーまで展開してきた、ダイハツの良品廉価なモノづくりの技術/アイデアを発展進化させた、未来のラインナップを想起させる軽自動車2台/コンパクトカー3台のバリエーションとした。

ダイハツ・コンパーノの名が復活

1963年に発売した「コンパーノ」の、コンパクトながらスタイリッシュなデザイン思想を継承した、伸びやかで美しいシューティングラインを備えたスタイリングが特徴。

前席を優先した、大人ふたりがゆったり過ごせる室内パッケージと、スポーティで上質感あるインテリアを目指したそうだ。

パワートレインは1000ccターボ。1200ccのハイブリッドも搭載できるとのことだが、詳細はまだ明らかになっていない。