コロ・トゥーレがコートジボワール代表のアシスタントコーチに就任!

写真拡大

▽コートジボワールサッカー連盟(IFF)は5日、元コートジボワール代表DFコロ・トゥーレ氏(36)がコートジボワール代表のアシスタントコーチに就任したことを発表した。

▽昨シーズン終了後にセルティックとの契約が終了したコロ・トゥーレ氏は、先月15日に現役引退を発表すると共に、セルティックのテクニカルコーチに就任した。

▽そして、指導者としてのキャリアを歩み始めたコロ・トゥーレ氏は、その翌月にマルク・ヴィルモッツ監督の副官として母国のフル代表を支えることになった。なお、同氏はフル代表と共にコートジボワールのU-23代表チームのアシスタントコーチも兼任することになる。

▽現在、ロシア・ワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選のグループCで2位モロッコ代表と勝ち点1差の首位に立つコートジボワールは、6日に最下位マリ代表戦、翌月の6日にモロッコとの大一番を控えている。その重要な2戦に向けて代表通算118キャップを誇るレジェンドの入閣は、心強い限りだ。