ライオネル・リッチー、娘の年の差ロマンスに言及「死ぬほど怖い」

写真拡大

 ライオネル・リッチーの娘で、”イット・ガール”として人気急上昇中のモデル、ソフィア・リッチー。ところが最近、世間の関心はもっぱら彼女の恋愛に集中していて、とうとう父親までもがコメントを求められる始末となっている。

 19歳のソフィアは現在、スコット・ディシックという34歳のリアリティ・スターと交際している。この人物はお騒がせセレブ一家、カーダシアン家の娘コートニーの元彼で、二人の間には3人の子供がいる。

 ソフィアとスコットは2017年9月頃にニューヨークでデートしているところを目撃されてからこの1か月の間にロサンゼルスやメキシコのリゾート地でもパパラッチされており、人目も気にせずにPDA(Public Display of Affection、公の場でイチャイチャ)を披露している。

 以前ジャスティン・ビーバーとも交際していたことがあるソフィアが今週(10月3日)、とうとう正式な交際宣言とも言えるラブラブツーショット写真を自身のインスタグラムに投稿したことから、USウィークリー誌が4日、ライオネルにコメントを求めた。

 最愛の娘が子持ちの年上男性と付き合っていることについて彼は、「ショックを受けているかって?私は父親だよ、分かるだろう?死ぬほど怖いよ、当たり前だろ」と手放しでは喜べない心境を率直に語っている。

 68歳のライオネル・リッチーは米ABCで復活するオーディション番組『アメリカン・アイドル』の審査員に決定している。今シーズンは他にケイティ・ペリーとルーク・ブライアンも審査員を務める。

◎ソフィア・リッチーによる投稿
https://www.instagram.com/p/BZw3mbeHyKp/