10月6日に日本国内で販売がスタートしたスマートスピーカー“Google Home”と、音楽ストリーミングサービスSpotifyが連携したサービスを開始した。

 Google Homeは、Googleアシスタントを搭載した音声で動作するスピーカー。「OK Google」と声をかけることで起動し、音楽を流したり、検索したり、さらに自宅のスマートデバイスの操作ができる。そしてGoogle Homeでは、音楽ストリーミングサービスSpotifyが提供する4,000万曲以上の楽曲をハンズフリーで聴くことができる。
 
 Google Home上でSpotifyをデフォルトの音楽サービスに設定すれば、無料のフリープラン(Spotify Free)、月額980円のプレミアムプラン(Spotify Premium)に かかわらず、Google Homeに話しかけるだけでSpotifyの操作と連携。また、「OK Google、Spotify で音楽をかけて」 「OK Google、Spotifyで“昭和歌謡”を再生して」「OK Google、Spotifyでロックを再生して」 「OK Google、この曲は何?」など、多様な指示に対応することが可能となっている。