W杯まで残り8カ月ですべきこと データで見るハリルJ「カメレオン戦術」の可能性

写真拡大 (全5枚)

過去2大会のトレンドと、ハリルJのアジア最終予選での歩みを数値で振り返る

 日本代表を率いるバヒド・ハリルホジッチ監督は、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を戦うなかで、予想もつかないメンバー選考や多様な戦術によって時に批判を浴びたものの、チームを6大会連続のW杯出場に導いたことで「カメレオン戦術」を駆使する稀代の策士との評価を得た。

 代表チームを預かるということは、何にも増して結果が重要だということを再認識させられる。

 一方で、これが6度目の本大会出場となる日本代表にとって、W杯は無事に出場することが最終目標ではないはずだ。自国開催の2002年大会と10年大会でたどり着いたベスト16を超える、「ベスト8進出」が現実的な目標だろう。その目標を達成するためには本大会までの残り8カ月でどのような準備を行うべきか。過去2大会の世界のトレンドと、これまでのハリルジャパンの戦い方から探っていきたい。

▼DATA-1

 まずは10年と14年W杯のデータを基に、パスデータを中心にスタイル分けした分布図から見ていきたい。

 スペイン代表やバルセロナに代表されるポゼッションスタイルはパスの成功率、ポゼッション率が高いという特徴がある。一方、しっかり守り、ここぞという時に縦に速い攻撃を仕掛けるカウンタースタイルは、相手にボールを持たれる時間が長く、イチかバチかのパスを狙うため成功率が低い。08年欧州選手権の優勝に続き、10年W杯でもスペイン代表のポゼッションサッカーは他の強豪国を圧倒し、世界一に輝いた。

 岡田武史監督が率いていた当時の日本代表は、W杯アジア最終予選において平均57%という高いポゼッション率と、コレクティブな守備によって本大会出場を決めた。しかし09年9月に行われたオランダ代表との国際親善試合において、ポゼッション率は43%に急落。W杯本大会直前のイングランド代表、コートジボワール代表という強豪国との2連戦においても同じような状況となった。つまり、世界のトレンドに合わせたポゼッションスタイルは、アジアで通用しても世界では通用しなかったことになる。

 それを悟った岡田監督が本大会で採用したのが、低い位置に構えて後方にスペースを与えず、奪ったらセンターフォワードに抜擢したFW本田圭佑にボールを集めて攻めるスタイルだ。その結果がポゼッション率、パス成功率といずれも出場国でワースト3ながら、自国開催以外のW杯で初のベスト16進出という成績を収めた。

 一方優勝したスペインはもちろん、オランダ、ブラジル、アルゼンチン、ドイツ、メキシコといった強豪国は、軒並みポゼッション率とパスの成功率が高かった。10年W杯の世界の強豪国のトレンドが、ボールを長い時間保持し、自らイニシアチブを握るサッカーだったことが分かる。

4年後に起きた強豪国の“スタイル転換”

▼DATA-2

 そうした世界の潮流を受ける形で、14年W杯に臨んだアルベルト・ザッケローニ監督率いる日本代表は、岡田体制下での“対アジア”と“対世界”で戦い方を変えるダブルスタンダードを改め、世界相手にも自らイニシアチブを握って戦うスペイン代表のようなパスサッカーを目指した。ザッケローニ監督と過ごした4年間は、日本人らしいアジリティーと規律、パスワークを中心とした「自分たちのサッカー」を追求する日々だった。

 ザックジャパンのW杯アジア最終予選における平均ポゼッション率は59%。予選突破後の13年11月に行われたベルギー、オランダとの連戦では、1勝1分という好成績を収めたことに加えて、ポゼッション率も52%と4年前と比較してアジアと世界の差が大きく縮まったかに見えた。

 そして[DATA-2]の通り、日本代表が目指したサッカーは14年W杯で確かに花開いた。高いポゼッション率とパス成功率を示す右上のエリアに、日本代表は列強国とともに顔を出すことになった。そのエリアには前回王者スペインをはじめドイツ、アルゼンチンの姿があったが、問題はそこからベスト16に進出したチームが「5チーム」に止まり、10年大会の「8チーム」から減少していたことだ。

 一方、ポゼッション率が低くパス成功率が低いことを示す左下のエリア、10年W杯で日本代表がいた場所からベスト16に進出したチームは、「4チーム」から「7チーム」に増加している。

 14年ブラジルW杯でのスペインのグループリーグ敗退、そして多くの強豪国の“スタイル転換”から学ぶべきことがある。W杯は、その時一番強いチームが優勝する大会だ。しかし、その時点で4年後の最強チームを決めるための戦いも始まっている、ということだ。

 10年W杯でスペインが披露した美しいパスサッカーを打ち負かすための準備は、その大会が終了したと同時に始まっていた。スペインを倒すために、彼ら以上に高いスキルを身につけるのか、それとも全く異なるスタイルで対抗するのか――。14年W杯のグループリーグを勝ち抜いた多くのチームが採用したのが、スペインを目指し、追い越すスタイルではなく、むしろ相手にボールを保持させ、奪ったボールを効率良く攻撃へとつなげるカウンタースタイルだった。そうした流れのなかで、世界一の栄冠を見事に手にしたドイツは、ポゼッションとカウンターを相手に合わせて柔軟に変化させる「ハイブリッド式」という、さらに未来を見据えたスタイルを披露し、南米開催のW杯において初めて欧州のチームが優勝するという偉業を成し遂げた。

 日本は14年W杯のグループリーグ敗退から何を学び、何を改善すべきと考え、18年W杯に向けて戦ってきたのか。ハリルホジッチ監督自身は先日の記者会見で、日本の「ポゼッション信仰」に警鐘を鳴らしていたが、改めてW杯アジア最終予選10試合のデータを基に、ハリルジャパンの強化プロセスを検証してみたい。

“いつもの”日本代表でUAEに敗戦

▼DATA-3

 今回のW杯アジア最終予選は、ホームでの初戦でUAEに敗れるという結果により、逆風が吹き荒れるなかでの幕開けとなった。

[DATA-3]でまとめた通り、このUAE戦のデータを見ると“いつもの”日本代表がアジアで戦う時の数値が並んでいる。60%近いポゼッション率、600本近くのパスを85%以上の成功率で回し、20本以上のシュートを放ちながらも、その半分以下のシュートのうちの1本、2本を確実に決められて敗退。パスを回すというより、回させられて、肝心なところでの仕事をさせてもらえない。

 第2節の敵地タイ戦では63%のポゼッション率に加え、20本のシュート。一方のタイ代表のクロス数は1本、成功率0%、シュート数わずか2本で枠内シュート1本という圧倒的な内容だったが、点差はわずか2点だった。

 その後の試合結果、得点差、あるいは見た目の印象を決定づけるポゼッション率を見る限り、過去2大会と比較してアジアにおける日本の優位性はかなり薄れてきたように映る。

ボール保持率は減少もシュート数で相手を圧倒

▼DATA-4

 前述したように、10年南アフリカW杯アジア最終予選の日本代表の平均ポゼッション率は57%、同じく14年ドイツW杯アジア最終予選では59%で、それぞれ全試合で日本代表のポゼッション率が相手を上回っていたが、[DATA-4]でまとめた通り今回の最終予選全体の平均は51.1%。つまりほぼ五分まで落ち、10試合中4試合は相手よりもポゼッション率が低かった。しかし、ボールを支配していなくても1試合の平均シュート数は相手の7本に対して2倍以上の15本、10試合の中でシュート数が相手を下回ったのは1試合だけだった(1試合は同数)。

 サッカーにおいて得点を奪うために必要なことは、なるべく相手ゴールに近い位置でプレーすることだ。その観点から、全体のパス数のうちペナルティーエリアへのパスが何%を占めているのかを見ると、日本代表の平均7.2%は、相手チームの4.9%から約1.5倍となっており、ペナルティーエリア内へのパス成功率も約9%高くなっている。

 過去のW杯予選と比較して低いポゼッション率、しかしシュート数は十分多く、相手に打たせる機会は少ない。相手ゴール前に近づくパスの比率は高く、その成功率も高い。ハリルジャパンが追求するスタイルが、少しずつ見えてきた。

 それでは、低いポゼッション率で多いシュート数というのは、どういうことなのだろうか。そこで1本のシュートを打つのに何本のパスを回したかを見ることで、「シュートの効率性」として算出した。

 1本のシュートを打つために日本が回したパスの平均は35本、相手チームは88本と日本の2.5倍の本数を要している。日本の方がシュートを打つまでに多くのパスを回した試合は、今年3月にホームで行われたタイ戦だけだった。

 さらにペナルティーエリア内で打たれたシュート1本に対し、そのエリアに送られるまで何本のパスを回したかを見ると、日本代表の4本に対し、相手チームの平均は8本と2倍となっていた。

 もちろん、データには様々な種類があるため、どのような目的で利用するかによって解釈はまちまちだろう。今回は歴代の代表に比べて低くなったポゼッション率の裏に、何か隠されていることはないかを探る視点でデータを分析した。そしてこれらのデータを見る限り、ハリルホジッチ監督の志向するスタイルには、ポゼッションやカウンターなど「ボールの運び方へのこだわり」はさほど感じられず、むしろ「効率性」を高めて、相手を「仕留めるための確率」を上げることに注力しているように感じられる。

「攻めのカメレオン」で効率性を追求すれば…

 一時代を築いたスペイン代表やバルセロナに代表されるポゼッションスタイルも、相手からボールを奪ってシュートするまでの時間は想像以上に短い。

 ボールをつないで時間をかけてシュートを打つというのは、世界トップレベルでも容易なことではない。つなぎながらゴールに近づけば近づくほど、相手の守備網は固く、当然奪われるケースも多くなる。つなぐために重要なことは、パスの受け手の人数と位置、そしてその距離感だ。それが高いレベルで行われていれば、奪われた後、奪い返す確率が高まる。そこからのショートカウンターが、ポゼッションスタイルの生命線だ。

 一方、それに対抗する形で14年W杯で主流だったカウンターアタックは、高い技術で中盤から回されることによって余計に体力を消耗したり、広大なスペースを与えないために、奪いどころを自陣低い位置に構え、奪った後、相手のプレスの網をかいくぐって早くシンプルに相手ゴール前にボールを運ぶスタイルだ。スタイルは異なっても、相手ゴール前に早くボールを運ぶことが得点の機会を増やすという原理原則は変わらない。

 そういう意味で、ハリルジャパンの戦術はシンプルだ。問題はこのスタイルが、世界のどのレベルの相手にまで通用するのかという見極めと、その戦術を実践するためにどの選手を選ぶべきかという選手選考だ。

 これまでの選手選考において「欧州組が多い」と言われるのには、やはり理由があるのだろう。相手ゴール前に効率良くボールを運ぶサッカーに慣れているかどうか、そしてそれを阻止するための戦術に慣れているかどうか――そうしたスタイルに日常的に触れているかが、とても重要だと感じる。

 ロシアW杯に向かう現在の日本代表の戦い方や選手選考、監督の能力には様々な見方があるだろう。しかし、データで見る限り、現在の日本代表の方向性は「効率性」「確率を高める」ということを徹底しているように見える。「方向性が常に変わってしまう」という意味で「カメレオン戦術」という言葉が使われているのであれば問題だが、世界の様々なスタイルを持つ相手に対して、ハリルジャパンが目指す「効率性」「確率を高める」という方向性を実践するために様々な人選やシステム、スタイルを駆使するのであれば、筋が通っている。ロシアW杯まで残り約8カ月となった今、大事なことは誰を起用した時に、どのレベルの相手に通用するのかという、チーム力の見極めだろう。

 相手を怖がりながら周りの色に同化し、近くに来た獲物を得る「守りのカメレオン」ではなく、自らが望む獲物を手にするために必要であれば柔軟に色を変える「攻めのカメレオン」であれば、日本がロシアW杯の一つのトレンドになる可能性は十分にある。

analyzed by ZONE Analyzing Team

データ提供元:Instat

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

田口有史 ●写真 photo by Yukihito Taguchi