倉木麻衣が「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」の応援上映に登壇した

写真拡大

ことし4月に公開、5年連続でシリーズ最高興行収入を更新し、驚異の68億円を達成した劇場版「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」。観客動員数は536万人を記録し、上半期邦画で1位に輝いた同作が、10月4日にBlu-ray&DVDがリリースされ、映像作品発売を記念した劇場での応援上映が開催された。

【写真を見る】倉木麻衣の“ツンデレ”な(?)一句に会場が沸いた

主題歌を担当した倉木麻衣は、2回目の応援上映参加。応援上映は前回以上に盛り上がりを見せ、お気に入りのキャラクターの登場に「フー!」「キャー!」と黄色い声援が飛んだり、色とりどりのペンライトが輝いたり、大熱狂の度合いは前回以上となった。

そして上映後の特別イベントでは、スペシャルサポーターとして倉木が登場。MCさなとの息のあったトークを展開した。

コナンファン、倉木ファンは一言ごとに大歓声を上げた。中でも今回のスペシャルコーナー、映画主要キャラクター・和葉の気持ちになって倉木が一句詠む「倉木さんが、和葉の気持ちになって詠んでみました!」など、ファンにはたまらないミニコーナーも実施された。

一句詠むという難題に、倉木は「平次くん おんな心と 秋の空 早くしないと 知らないからね!   倉木和葉」との句を披露。和葉と平次が一緒に描かれた得意のイラスト入り直筆色紙の登場に、会場からは大歓声が沸き起こった。

そして今回、倉木からのサプライズプレゼントとして、映画主題歌「渡月橋 〜君 想ふ〜」や大ヒット曲の「Secret of my heart」「always」のメドレーも披露された。

10月25日(水)に発売される『倉木麻衣×名探偵コナン COLLABORATION BEST 21 -真実はいつも歌にある!-』からのスペシャルセレクト楽曲の披露は、コナンファンにもなじみの深いナンバーで、会場一体となっての大合唱となり美しいペンライトが大きな波となって会場を揺らした。

上半期を代表するメガヒットとなった映画に、上半期を代表するヒットとなった楽曲「渡月橋 〜君 想ふ〜」。なお、同曲が10月7日(土)からはテレビアニメ「名探偵コナン」(日本テレビ系)のエンディングテーマとして起用されることが決定したことがサプライズ発表された。