所属選手が不祥事の千葉、管理監督者の処分を発表…1カ月の減俸など

写真拡大

 ジェフユナイテッド千葉は6日、MF熊谷アンドリューの不祥事における管理監督者2名の処分を発表した。

 今回処分となったのは代表取締役の前田英之氏とGMの高橋悠太氏の2名。前田氏は1カ月の報酬10%を自主返納し、高橋GMは10パーセントの減俸(1カ月)となった。 

 熊谷は9月27日に東京都内でタクシーで乗務員の胸ぐらを掴み、暴行容疑で現行犯逮捕された。すでに同選手には公式戦4試合出場停止と40パーセントの減俸(1カ月)の処分が科されている。