川端康成の小説『眠れる美女』をモチーフにした香水が誕生…ってどんな匂いなの?

写真拡大

それってどんな香りなの!?ってびっくりしちゃうような香りをいろいろと発売している和の香水ブランド「J-Scent(ジェイセント)」。和三盆の香りとか、力士の香りとか、ほかにはないラインアップにめちゃ魅了されてしまいます。

2017年10月23日、また新たな3種類の香りが登場するようなのだけれど、そのうちの一つ「和肌(やわはだ)」は、ちょっぴりセクシー系な雰囲気。文系女子ならばきっと気になる、川端康成の小説『眠れる美女』がモチーフになっているよ!

【幻想的な世界へ誘う香り!?】

名作だけに読んだことのある人も多いであろう『眠れる美女』。ストーリーをものすご〜く簡単に説明すると……薬を飲んでぐっすりと眠っている美少女とそれに添い寝するおじいさんの話です。

で、この『眠れる美女』をモチーフに香水を作ったらどうなったのかというと、幻想的な世界へ誘ってくれそうな官能的な香りが完成したもよう。

果実やミルク、ライスパウダーの柔らかさ、サンダルウッドやムスクの滑らかさが、非日常感を演出してくれるとのことです。甘くパウダリーな乙女の柔肌を思わせるような香り……でしょうか。

なるほど、なるほど。ぐっすりよく眠れる穏やかな香りなのかと思いきや、美少女側じゃなくておじいさん側の視点なわけですネ!

【梅田 蔦屋書店で先行販売を実施!】

このほか、甘酸っぱさが懐かしい「はちみつとレモン」、ローズやバイオレットが香る魅惑的でセンシュアルな「花街(はなまち)」も新発売。価格はそれぞれ50ml入りで3500円(税別)となっていて、10月20日までオンラインショップにて予約を受け付けているそうです。

なお、大阪市北区の「梅田 蔦屋書店」では、2017年10月21日より先行販売を実施し、10月21・22日の2日間、「新商品体験会」を開催するとのこと。

「和肌」の香りを身にまとって読書の秋を楽しむ、なんていうのもなかなか粋かもしれません。

参照元:アットプレス
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む