ブラジル代表のネイマール【写真:Getty Images】

写真拡大

ブラジル代表合宿で名手ウィリアンとの“対決”にファン感嘆「もはや伝説的だ」

 サッカーのブラジル代表FWネイマール(パリサンジェルマン)が、さすがのテクニックで“バナナシュート”でゴールを連発。代表合宿の練習中、同僚の名手とお遊びで見せた対決シーンを、ブラジルサッカー連盟が公式インスタグラムで動画を公開し、ファンに「純粋な才能と魔法」「これがどれほど難しいことか…」と驚愕が広がっている。

 なぜ、こんなところから入るのか。カナリア軍団が誇るエースが、比類なきテクニックを見せつけた。5日に公開された動画で、ネイマールはMFウィリアン(チェルシー)とともに登場。9月30日に行われたリーグ・アン第8節で圧巻の直接FKでゴールを奪ったばかり背番号10は、さすがと思わずうなるような技術を競うように披露している。

 ボールをセットしたのは、左サイドのコーナーフラッグから、さらに5メートルほど後方の位置。試合ならカメラマンが待機しているエリアで、ゴールマウスを斜め後方から望む、角度にしてみれば100度くらいの位置。当然、真っ直ぐに打っては入らない。そんな位置から驚異的なシュートを放ったのである。

 軽やかにステップを踏むと、右足でボールをこするように蹴り上げた。急激にカーブをかけたシュートはゴール前で1、2回バウンドしてそのままゴールネットへ。いとも簡単にゴールを決めてみせたのだ。さらに、フリーキックの名手として知られるウィリアンも同様に決めて続く。そして、最後はネイマールが再現VTRを見せるかのようにカーブをかけて決めた。

 サッカー少年なら、誰しも挑戦したことはあるだろう場面。そんな技術が要求されるシーンを“バナナシュート”でいとも簡単に決めてしまうから恐れ入る。

驚嘆の声が続々「純粋な才能と魔法」「世界でベスト」「とんだ化け物たちだ」

「ネイマール+ウィリアン=ショー開催!」とタイトルを打った動画は、すでに10万回以上が再生され、映像を見たファンから驚嘆の声が続々と上がっている。

「壮大なクオリティー」

「ネイマールはもはや伝説的だ」

「純粋な才能と魔法」

「これがどれほど難しいことか…」

「世界でベスト」

「とんだ化け物たちだ」

 すでにロシア・ワールドカップ(W杯)出場を決めているブラジルは5日に行われた最終予選・ボリビア戦に0-0で引き分けたが、ファンからは称賛のコメントが殺到していた。11月には日本代表とも相まみえるブラジル代表のエース。類まれなるテクニックで世界に驚きを広げている。