ドラえもんが広重の絵の中に! 人間国宝の職人制作

写真拡大 (全2枚)

 東海道五十三次の中に、ドラえもんが…!江戸時代の風景の中にドラえもん(藤子・F・不二雄原作)が彫り込まれた「浮世絵木版画」の予約受付が「COLLAB JAPAN」で10月6日、スタートする。限定300部だ。

 江戸時代、風景画では葛飾北斎と肩を並べる人気絵師だった歌川広重の最高傑作、「東海道五十三次」。全55図の中から「蒲原 夜之雪」をモチーフに、夜の静けさの中、雪明りに照らされたドラえもんたちの“切磋琢磨”が描かれている。彫り、摺りの技術を継承する職人たちの手による、最高級の和紙の風合いと、三十数回におよぶ摺り重ねによる豊かな色彩を楽しめる。価格は39,960円(税込み、送料別)で、12月上旬から順次発送予定。