アクションスリラー『キラー・セッション』予告編公開 “暗殺者VS暗殺者”の戦闘シーンも

写真拡大

 映画『キラー・セッション』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

(参考:『キラー・セッション』予告編

 本作は、『着信アリ』のリメイク作『ワン・ミス・コール』のエリック・ヴァレット監督が手がけたアクションスリラー。暗殺者が暗殺者を追いかけ、目撃者や関係者を次々に殺害しながら犯人を追い詰めていく様子が描かれる。

 『ラルゴ・ウィンチ』シリーズで主演を務めて以降、ハリウッドでリメイクされた『スリープレス・ナイト』や『なんちゃって家族』の麻薬王役などで知られる国際派俳優、トメル・シスレーが殺し屋役で主演を務めるほか、彼を追うもう一方の主役、狂気の殺し屋を『トゥームレイダー2』のテレンス・インが演じる。

 公開された予告編では、“暗殺者VS暗殺者”の闘いが繰り広げられるシーンが収められている。組織を抜け、逃走中に押し入った民家で住民を人質に身を隠している殺し屋(トメル・シスレー)の元へ、冷たく青い目をしたトッド(テレンス・イン)が迫り、互いに銃を向け合う姿が映し出されている。あわせて公開されたポスターには、鋭い目つきをした2人の暗殺者の姿が切り取られている。

 なお本作は、ヒューマントラストシネマ渋谷とシネリーブル梅田で開催される特集上映「ワールド・エクストリーム・シネマ2017」の上映作品として、10月21日より公開される。

(リアルサウンド編集部)