Anly、ドラマ『科捜研の女』主題歌「Venus」書き下ろし 「力強さや、美しさをサウンドで表現」

写真拡大

 Anlyが、11月29日にニューシングル『Venus』をリリースする。

(関連:Anlyが1stアルバムに込めた、デビュー以降の経験値「自分の声に対する“好き度”が上がった」

 表題曲は、10月19日より放送予定のドラマ『科捜研の女』(テレビ朝日系)第17シーズンの主題歌として書き下ろし。ドラマの主人公・榊マリコをイメージし、“明けの明星 = 金星”をキーワードに、懸命に生きるすべての女性を遠くから見守り応援する楽曲となった。なお、サウンドプロデュースには、JUJUや西野カナも手掛ける音楽プロデューサー、ジェフ・ミヤハラを迎えて制作。その他収録内容など詳細は後日発表予定だ。

 また、Anlyはこの主題歌を期に、腰まであったロングヘアをカットし、ヘアスタイリングを一新した。あわせて“小学校以来”という髪の長さになった新ビジュアルも公開している。

 なお、10月10日から自身2度目となる全国ツアー『Anly Live Tour ☆北斗七星☆』もスタートする。(リアルサウンド編集部)