世界初!GKが新ホームシャツを着用予定! プーマ発表のイタリア代表の新ユニはブッフォンが着用!

写真拡大 (全5枚)

▽プーマとイタリアサッカー連盟(FIGC)は5日、2018シーズンのイタリア代表の新ホームキットを発表した。10月6日のマケドニア代表戦でお披露目され、世界初となるゴールキーパーが新ユニフォームを着用して試合に出場する。

▽GKジャンルイジ・ブッフォンは、20年にわたってイタリア代表に貢献。その献身と情熱に敬意を表すとともに、6度目となる世界の舞台に立つことを願い、トリノにてストリートアーティストグループ“Kamp Seedorf”によって描かれた新しいホームシャツを身にまとったジャンルイジ・ブッフォンの巨大な壁画とともに発表された。

▽マケドニア戦では、フィールトプレーヤーではなくブッフォンがホームユニフォームを着用。キャリアの中で初めて有名な“アズーロ”のキットを試合で着用する。また、9日に行われるアルバニア代表戦でもホームキットが着用される。

▽トスカーナ州にある人口6万5000人の美しい街、カッラーラ。大理石の町としても有名なこの都市はアプアン・アルプス山脈の麓にあり、あたかもいつの日かその名が歴史に刻まれることを予告していたかのごとく、ジャンルイジ・ブッフォンは採石場の隣で生まれた。ブッフォンは、まるで彼の成長を見守ってきた大理石の原石のようで、彼には今日のようなサッカーのアイコンになるために磨かれる時間が必要だった。

▽世界のトップに立つためにブッフォンには8年もの長い歳月が必要だった。そしてブッフォンはフットボール界のトップに立ち続けるために奮闘。毎シーズンが終わる度、そして4年に一度の大会を重ねる度に彼の偉業は称えられ、ついにはゴールキーパーの殿堂入りを果たし、これからも永遠にとどまることだろう。

▽また、アルバニア戦が行われる10月9日で、ブッフォンはイタリア代表デビューから20周年を迎える。マルセイユの太陽、ブラジルの雨、ブブゼラの音、幻滅の涙、そして歓喜の涙。ブッフォンは数々の負傷やグループステージ敗退などを経験しながらも、 年大会の優勝カップを掲げ、自身が世界でナンバーワンのゴールキーパーであることを証明。そして、171回着用したユニフォームに4つ目の星を加えることができた。しかし、ブッフォンの気持ちはイタリアのカラーであるブルーです。すべての若者たちと同じように夢は“アズーロ”のシャツに袖を通すことであるとブッフォンは言及している。

▽新ホームキットは、新しいFIGCバッジを左胸に配し、イタリアの偉大なる栄光を表す“イタリアントリコロール”が袖口と襟裏に施され、プレーヤーを鼓舞するようにデザインされている。そして、初めてシャツの袖に腕を通してテレビでヒーローたちを観た時や、本当の楽しさや情熱に初めて触れた時の思い出を再燃させる、忘れることができない“アズーロ”ブルーを採用している。この新しいシャツのレプリカは、10月6日(金)よりプーマ取り扱いショップにて販売予定だ。