スペイン代表はアルバニアとホームで対戦【写真:Getty Images】

写真拡大

 5日に行われたワールドカップ(W杯)欧州予選で、ドイツとイングランドが本大会出場を決めた。6日に行われる試合では、新たにスペインやセルビアがW杯出場を決める可能性がある。

●グループD

【順位表(勝ち点/勝/分/負/得失点)】
1.セルビア(18/5/3/0/10)
2.ウェールズ(14/3/5/0/7)
3.アイルランド(13/3/4/1/3)
4.オーストリア(9/2/3/3/0)
5.ジョージア(5/0/5/3/-4)
6.モルドバ(2/0/2/6/-16)

 2試合を残して首位のセルビアは、2位以内が確定している。6日の相手は2位入りの可能性を残す4位のオーストリア。勝てば最終節のジョージア戦を待たずに本大会出場が決まる。勝ち点1差で2位を争っているウェールズとアイルランドは、最終節に直接対決がある。この2チームは6日の相手がすでに敗退が決まっているチームで、最終節に向けてさらに盛り上がっていきそうだ。

 グループD、残り2節の対戦カードは以下のとおり。

▽10/6
オーストリアvsセルビア
ジョージアvsウェールズ
アイルランドvsモルドバ

▽10/9
ウェールズvsアイルランド
セルビアvsジョージア
モルドバvsオーストリア

●グループG

【順位表(勝ち点/勝/分/負/得失点)】
1.スペイン(22/7/1/0/29)
2.イタリア(19/6/1//1/12)
3.アルバニア(13/4/1/3/1)
4.イスラエル(9/3/0/5/-5)
5.マケドニア(7/2/1/5/-4)
6.リヒテンシュタイン(0/0/0/8/-33)

 スペインがイタリアとの直接対決を制したグループGは、そのスペインが突破を目前にしている。すでに2位以内は決まっている状況でのラスト2試合だ。カタルーニャ独立の話題で揺れているが、一致団結して戦えるかに注目だ。イタリアも2位以内は確実と言っていい。実際には2連敗して3位アルバニアが2連勝すれば逆転の可能性はあるが、マケドニア、アルバニアと対戦するアッズーリが2試合で勝ち点を全く獲得できないということはないだろう。

 グループG、残り2節の対戦カードは以下のとおり。

▽10/6
スペインvsアルバニア
イタリアvsマケドニア
リヒテンシュタインvsイスラエル

▽10/9
イスラエルvsスペイン
アルバニアvsイタリア
マケドニアvsリヒテンシュタイン

●グループI

【順位表(勝ち点/勝/分/負/得失点)】
1.クロアチア(16/5/1/2/9)
2.アイスランド(16/5/1/2//4)
3.トルコ(14/4/2/2/4)
4.ウクライナ(14/4/2/2/4)
5.フィンランド(7/2/1/5/-4)
6.コソボ(1/0/1/7/-17)

 上位4チームの混戦が続いている。クロアチアとアイスランドが勝ち点16、トルコとウクライナが勝ち点14という大接戦だ。敗退が決まっているフィンランド、コソボと6日に対戦するクロアチアとウクライナは勝ち点3を加えて最終節へ進む可能性が高い。トルコ対アイスランドは、生き残りを懸けた重要な試合だ。

 グループI、残り2節の対戦カードは以下のとおり。

▽10/6
クロアチアvsフィンランド
トルコvsアイスランド
コソボvsウクライナ

▽10/9
ウクライナvsクロアチア
フィンランドvsトルコ
アイスランドvsコソボ

text by 編集部