バーレスク東京

写真拡大 (全3枚)

バーレスク東京の選抜メンバーによるユニット・A-Queen from バーレスク東京が9月20日(水)にアルバム『TOKYO2020』を発売した。

【六本木から世界に! バーレスク東京、オリンピックに向けた新曲もヤバいの画像・動画をすべて見る】

その中のリード曲「TOKYO2020」が日本文化のおもてなしな楽曲として、訪日観光客を中心に国内外で話題となっている。

話題沸騰のギャル集団、バーレスク東京とは?





バーレスク東京(TOKYO)は、「セクシー&ハッピー」をコンセプトにナイトライフを沸かす六本木のショークラブ。

豪華なオーダーメイドコスチュームに身を包んだ総勢70名に及ぶクィーンたちが、歌やダンス、ボードビルを官能的にパフォーマンスする。

2017年3月には、バーレスク大阪もオープン。Twitterでは10万フォロワー、Facebookでは60万フォロワーを超え、各種メディアでも取り上げられるなど注目を集めている。

今回アルバムリリースしたA-Queenは、バーレスク東京所属の選抜メンバーで構成されたボーカル・ダンスユニットだ。

『TOKYO2020』



9月23日には、六本木・party onで「TOKYO2020」のリリースイベントを開催し、超満員御礼。

東京オリンピック開催へ向けて日本の文化としておもてなしや、「六本木から日本を盛り上げたい!」という願いが込められた新曲「TOKYO2020」も披露された。

CDの即売会では、100枚単位で購入する人も現れるなど、各所で話題になっている人気が本物であることも証明した。

今後のA-Queen from バーレスク東京の活動、またバーレスク東京が新たな日本発エンターテインメント文化として定着していのか、注目していきたい。

バーレスク東京のヤバい写真をもっとみる!