賃貸でも問題なし!電球タイプの防犯カメラで手軽にホームセキュリティ

写真拡大 (全4枚)

日中は留守の多い一人暮らし、小さな子どものいる家庭、老夫婦の二人暮らしなど、いまや家族構成に限らずどんな家でも防犯対策は気になるもの。とりわけ賃貸派の場合、高セキュリティの物件となると選択肢はぐっと少なくなってしまうし、今住んでいる部屋から防犯のためだけに引っ越すというのもなかなかハードルが高い。ならばまずは、手軽に導入できる防犯カメラを設置してみるという手はいかが?

「Kalay Home(カレイホーム)」は、電気照明のソケットに取り付けるだけで簡単に設置できる屋内用の防犯カメラ。玄関や窓際などの室内照明に取り付けるだけでOKという手軽さがうれしいネットワークカメラです。

「Kalay Home」は、これ1台に、LED照明・動体検知センサー・録画機能・映像監視機能、さらには内蔵マイク&スピーカーによる通話機能まで搭載したネットワークカメラ。電球ソケットのE26口金に対応するので、今使っている照明に取り付けるだけで設置完了。壁や天井に穴を開けたりケーブルを這わせたりするわずらわしさも不要、美観も損なうことなくラクラク導入できるのがなんといってもうれしいところです

搭載する赤外線感知センサーは、設置位置から半径2m、垂直4mの範囲に対応。対象範囲で動きを検知すると自動で録画をスタート、同時にLED照明も自動で点灯、スマホにも通知を送ります。本体にmicroSDカードを入れておけば、直接動画を記録できます。

スマホの専用アプリはリアルタイムに現場の状況を確認できるほか、本体に内蔵のマイクとスピーカーによる通話もOK。家族の安否確認や動画記録がその場でできるのは安心です。1台のスマホで最大16台までのカメラをコントロールできるので、自宅の窓際にぐるっと設置したい人、複数の店舗や仕事場の簡易セキュリティとして取り入れたい人などにも便利です。

同社直販サイトおよびPC専門店にて10月中旬より発売予定。価格はオープンで、想定売価は1万5980円。

>> aiuto「Kalay Home」

 

(文/&GP編集部)