10月9日は体育の日!由来やおすすめのスポーツイベントを調べてみた!

写真拡大

10月9日は体育の日。この体育の日の由来を、皆さんはご存知だろうか? また、体育の日ということで、オススメのスポーツイベントがないかも気になる。調べてみることにした。

■体育の日の由来

まず体育の日とは、どのような経緯で制定されたのだろうか。文部科学省のHPに制定時の総理府総務副長官・文部事務次官通達「体育の日について」に、制定の趣旨等が記載されている。

さっそく筆者がチェックしてみたところ、体育の日が制定された理由はいくつかあることがわかった。一つ目は、体育の日を設けることで、スポーツに親しみ、健康的な心身を培うことを趣旨とすること。具体的には、運動をすることに興味関心を持ち、実際に運動を始めてみるきっかけにできるとよいということだった。

二つ目は、昭和39年に開催されたオリンピック東京大会を記念し、体育の重要性への認識を深めるために、その開会式の日を体育の日と定めた。

■体育の日におすすめのイベント

続いて、公益財団法人 日本体育協会に、体育の日にオススメのイベントについて聞いた。

「おすすめのスポーツイベントですが、体育の日に行われるイベントとしてひとつご案内すると、本会がスポーツ庁や日本スポーツ振興センターなどとともに開催する『スポーツ祭り』というイベントがあります。既に申し込みは締め切っておりますが、当日参加できるものもありますので、ぜひご参加ください」(公益財団法人 日本体育協会)

当日参加できるプログラムのなかには、ボート競技の類似体験コーナーや約20種類の変わり種自転車の体験など、親子で参加すると楽しめるプログラムが多数ある。

運動を習慣化し、健康になることももちろん大事。だが一緒に運動をすることで、相手との仲が深まるメリットもある。お互いの絆を深めるためにも運動に挑戦してみてもいいだろう。

■体育の日をきっかけに始めたいスポーツ

最後に体育の日ということで、この日から運動を新たに始めるなら何がおススメか、神奈川県スポーツ局スポーツ課に聞いた。

「神奈川県では、県民の皆さんが、運動やスポーツに親しみ、健康で明るく豊かな生活を送っていただくために、1日30分、週3回、3カ月間運動やスポーツを継続する『3033(サンマルサンサン)運動』を推進しています」(神奈川県スポーツ局スポーツ課)

連続30分ではなくても、10分間の運動を積み重ねる。2日に1回のペースで週に3回運動を始めることで、生活習慣病の予防や改善に期待ができるとのこと。また3カ月間継続することで、体に変化が表われるため、数字がいずれも3になるという。

せっかくの体育の日、この日だけ運動をするのではなく、『3033運動』のように、継続的に取り組みたいものである。

なお、「教えて!goo」では「小学校体育の授業で苦手だった種目はありますか?」と、皆さんが苦手とする種目を紹介中だ。

【取材協力】
・神奈川県スポーツ局スポーツ課
・公益財団法人 日本体育協会

柚木深つばさ(Yukimi Tsubasa)