きのう5日(2017年10月)、音喜多駿・東京都議と上田令子都議は「都民ファーストの会」を離党すると表明した。「いつ、どこで、誰が、何を決めているのかわからない。ブラックボックスを自分たち自身で作るものだ」と批判するが、一時はワイドショーなどでもちやほやされたが、最近は出番がなくなってすねているのだろう。

もともと「みんなの党」の2人は、先の都議選では勝ち馬に乗ろうとファーストの会に鞍替えして当選したが、小池都知事が国政進出を強める中では当選2回の駆け出し都議など相手にされない。上田氏は「鳥から羽を取り上げるようで、議員に死ねというのと同じ」と怒ってみせた。

国政進出で自分たちに出番なし

田崎史郎氏(時事通信社特別解説委員)は「小池さんからすれば当然の行動だが、音喜多氏からはそれは違うといいたくなる」と話す。

司会の羽鳥慎一「希望の党も似ているというのが音喜多さんたちの主張のわけですね」

玉川徹(テレビ朝日解説委員)「政党拘束の問題もありますよね。米国では日本のように厳しくない。一人一人が国民の代表なのだから、各党は拘束をはずしていいのではないでしょうか」

子供が「僕ちゃんの言うこと聞いて」と駄々をこねているように見える。