諏訪部順一×鳥海浩輔のユニット「フェロ☆メン」

 実力派人気声優・諏訪部順一、鳥海浩輔によるユニット「フェロ☆メン」が、自身の完全プロデュースにより開催する音楽朗読劇『AnGeL fAlL(エンジェルフォール)』の詳細を明らかにした。

 公演は1月27日(夜公演のみ ※開場:午後5時/開演:午後6時)、1月28日(昼夜2公演 ※昼の部=開場:午前11時30分/開演:午後12時30分/夜の部=開場:午後4時30分/開演:午後5時30分)の全3公演開催される。

 劇作家・演出家の藤沢文翁氏が演出・脚本を手がける他、メインキャストとして、フェロ☆メン(諏訪部順一・鳥海浩輔)に加え、井上和彦、能登麻美子の出演が決定している。開催される全3公演、それぞれの結末が異なるマルチエンディングストーリーになっているため、全公演ともに見逃せない内容になりそうだ。

 同イベントのチケットは、11月29日発売のフェロ☆メン6thシングル「オペラ」を7日から11月5日の期間中に全国のアニメイト(アニメイトオンラインを除く)で、全額前金で御予約された方に配布される抽選予約申込シリアルで購入することが出来る。

 なお、「オペラ」は既報の通り、6日から放送開始予定のTVアニメ『Dies irae』エンディングテーマに決定している。