お笑い界の新星「にゃんこスター」は、スーパー3助リードが吉!?

写真拡大

 2017年のコント日本一を決める『キングオブコント2017』(TBS系)が10月1日に生放送された。結成5ヵ月、芸能事務所にも所属していなかった男女お笑いコンビ「にゃんこスター」が2位に入り、大きな話題となっている。

 10月2日放送の“新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)では、琉球風水志・シウマと魂の救済師・安沙蘭が、お笑い界の新星・にゃんこスターを占った。

■男性が女性を引っ張るコンビのスタイルが理想

 にゃんこスターは、ピン芸人として活動していたスーパー3助(34)とアンゴラ村長(23)のコンビ。シウマはコンビ名と2人の芸名、それぞれの画数から今後の活躍を占った。

 「運気が高いスーパー3助さんが引っ張っていったのかな。コンビ名の画数を見ても、今後も男性が引っ張るほうがいい」と、11歳年上の男性であるスーパー3助がリードして活動を続けるほうが好結果につながると語った。実際、コンビ結成も、スーパー3助がライブ会場で共演した際にアンゴラ村長の面白さに気づき、声をかけたのがきっかけなのだそうだ。

■2人の相性はピッタリというわけではない!?

 タロット・算命学・数秘術を駆使する安沙蘭は、「この2人は相性ピッタリという感じでも、運気がいいわけでもない。コンビ結成は苦肉の策だったのでは?」と分析する。

 そしてスーパー3助主導で、というシウマの診断を安沙蘭も支持。「男の人が引っ張っていけば、大丈夫かもしれない。女の子が『私のおかげよ』みたいなことを言わなければいい」とアドバイスした。

 キングオブコントなどのお笑いコンテスト番組では、優勝者よりも敗れたコンビのほうが売れることがよくある。にゃんこスターも、オンエア翌日には大手芸能プロダクションのワタナベエンターテインメントに所属したと発表があった。事務所の先輩で大ブレイクしたブルゾンちえみ(27)に続き、一気に全国区の人気者になるかもしれない。2017年後半、注目のコンビである。

(池上はじめ)

>>占いTVを見る