Uru

 歌手・Uruの新曲「追憶のふたり」が、2018年1月13日に公開される玉木宏主演の映画『悪と仮面のルール』の主題歌に決定した。主題歌に対してUruは「『悪と仮面のルール』の世界と一体となれるような曲になってくれたら嬉しいです」とコメントしている。

 『悪と仮面のルール』は、ウォール・ストリート・ジャーナルでベスト選出された、日本のみならず世界で注目を集める芥川賞作家・中村文則の傑作小説を、玉木宏主演で映画化、豪華キャストが出演することでも話題を集めている作品。

 本作の公開日が2018年1月13日に決定し、ポスタービジュアルとともに主題歌をUruが務める事が発表された。玉木演じる、顔を変え、過去を捨て、初恋の人のために殺人を繰り返す主人公・文宏の、狂気とも悲しみとも取れる表情をおさめたポスターデザインは、哀しい殺人者の心に潜む闇と、愛に生きようとする切ない想いが交錯する壮大なサスペンスを予感させる。

 このポスターは、7日から、新宿バルト9ほか全国の劇場に掲出される予定だ。

(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

 「追憶のふたり」は、作詞・作曲をUruが手掛けた、別離した男性の幸せを願う無垢な想いを女性目線で歌った悲恋のミドルバラード。Kan Sanoのアレンジにより、ブラックミュージックやJAZZの要素も感じさせる上質な仕上がりとなっている。現在のところリリースは未定。

 主題歌に対してUruは「『悪と仮面のルール』は、その世界にどっぷりと浸かり自分なりの解釈をしてみたり登場人物の心情を悟ろうとしたり、人が人である人間らしさを嫌でも感じるような、それでいてラブストーリーでもある、とてつもなく深みのある作品だと感じました。主題歌を歌わせて頂くにあたり、それを壊さぬよう曲や歌詞などを考えさせて頂きました。『悪と仮面のルール』の世界と一体となれるような曲になってくれたら嬉しいです」とコメントしている。