ハリルジャパンのMF井手口陽介(左)と香川真司(右)。まだ日本代表で同じピッチに立っていない【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

初の組み合わせになる香川と井手口

 アジア最終予選を勝ち抜き、2018年に開催されるロシアW杯の出場権を獲得した日本代表。10月6日、キリンチャレンジカップ2017でニュージーランド代表との一戦を迎える。本大会に向けての準備が本格的にスタートし、様々なテストがなされることが予想されるが、この試合では新たな中盤のユニット誕生に期待したい。(取材・文:河治良幸)

----------

 W杯に向けた“第三段階”に突入した日本代表。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「W杯の準備はもう始まっているという話。W杯はサッカーの大会では最も美しい物だが要求が高く危険。準備ができていなければそれが後悔、フラストレーション、屈辱につながってしまう」と語り、選手たちにはさらに高い要求をしていく姿勢を打ち出している。

 その最初の試合となるニュージーランド戦も6枚の交代枠を有効に使い、多くの選手を起用することを明言するが、「チームのバランスを崩さないことを守りながらディフェンス、中盤、前線、そこでしっかりとした一貫性のあるプレーができるように守備のバランス、攻撃のバランスを保たなければならない」と語り、指揮官が考えるオーガナイズを崩すことなくオプションを増やしていく方針だろう。

 その中でメインのオーガナイズの1つになりうるのが香川真司と井手口陽介のユニットだ。もともとチームの主力だが6月のシリア戦で序盤に負傷し、最終予選ラスト3試合に出場できなかった香川とシリア戦で途中から代表初キャップを踏み、救世主的な活躍で代表の新たな主力候補に躍り出た井手口。ニュージーランド戦は彼ら二人が同時にピッチに立つ最初の試合になる可能性が高い。

 基本的には香川は攻撃的、井手口は守備的なイメージが強いが、香川は前からボールを追う守備に関してはハイレベルで、戦術理解度も高い。3月のアウェイのUAE戦では今野泰幸の獅子奮迅の活躍が目立ったが、高い位置で相手の攻撃を限定し、今野と山口蛍のところでボールを奪いやすい状況を生んだ香川の貢献も軽視できない。

メカニズムを考えれば効果的な化学反応が生まれるか

 井手口は攻守のバランスを意識しながらも、チャンスと見た時の縦の推進力とオーストラリア戦でも見せたシュート力など攻撃でも非凡な能力を備えている。「守備はしっかり相手を潰しに行って、攻撃ではどんどん前にチャンスがあれば出て行って、アシストやったり点やったり、目に見える結果を残していきたい」と井手口は語る。

 一方で「どれだけ攻撃においてチームを引っ張っていけるかという意味では、すごく楽しみなゲーム」と語る香川は基本的に縦に速い攻撃を志向する“ハリルジャパン”にギアの変換をもたらせる貴重な存在だ。

 4年前の今ごろはゴールへの強い意識が空回りするプレーも見られたが、今は周りを生かすプレーを大事にしながら状況を観察し、機を見てフィニッシュに絡むスタンスに変わっている。

 当たりの強さを生かしたボール奪取から積極的に攻撃に出ていく井手口と、高い位置から相手の守備を限定するプレーを得意とし、攻めては中盤の高い位置でタメを作れる香川。中盤のメカニズムを考えれば効果的なケミストリーを生み出しうる。あとは実際に組んでみてのフィーリングや距離感を両者の関係の中で高めていけるかが機能性のカギになる。

 W杯を決めた試合では[4-3-3]のインサイドハーフに山口蛍と井手口を並べ、[3-4-2-1]のセントラルMFの自由を奪うことで起点を封じた。ただ、その並びはパスワークにあまり深みを出さないオーストラリアが相手だからはまった部分もあり、そこはハリルホジッチ監督のスカウティングの成果とも言える。

ハリルの頭にある「3つのチームの形」

 山口と井手口をインサイドハーフに並べれば中盤のボール奪取力が高まるイメージは強いが、基本的には二人ともボランチの選手であり、相手のアンカーやボランチの選手が組み立てるチームにはトップ下の経験な香川のようなタイプの方が守備面でも機能しやすく、攻撃でのメリットも大きい。

 その視点でニュージーランドのシステムを見てみたい。コンフェデレーションズ杯では[5-3-2]を固定的に採用し、時間帯によっては両SBがサイドハーフの位置に上がる[3-1-4-2]を形成していた。

 中盤は基本的に3ハーフで、中央の選手がアンカー的なポジションでボールを持ち、左右の選手にショートパスをつないだところから両SBのオーバーラップや前線へのロングボールが出てくるケースが多い。

 そうした相手の特徴を考えると今回は[4-2-3-1]の方がシステム上はまりやすい。つまり香川をトップ下に配置し、井手口と山口をボランチに並べる布陣だ。仮に倉田がスタートから起用される場合は香川のポジションになるだろう。小林祐希はトップ下もできるが基本的にはボランチに入る可能性が高い。

 ただ、ニュージーランドは時間帯や得点経過により中盤を一枚削り、前線にFWを増やして[3-4-3]あるいは[5-2-3]という形にしてくることがある。その場合も日本は同じメンバーのまま中盤をアンカーとインサイドハーフの構成に変更することもできるし、それに伴い香川を遠藤航に代え、山口と井手口のインサイドハーフにシフトすることもできる。

 ハリルホジッチ監督は現時点で「3つのチームの形」が頭にあるという。おそらくは[4-3-3]と[4-2-3-1]、そしてFWを前線に2枚置く[4-4-2]だろう。過去に彼が率いたチームを見れば3バックの引き出しもあるが、限られた準備期間を考えると封印したままSBのチョイスにより似た機能性を実現することで乗り切るかもしれない。

 そうしたシステムの中でも、各ポジションに起用する選手のタイプで狙いのディテールも異なってくるが、香川と井手口という未使用の組み合わせが良いケミストリーを生み出せば、日本代表はロシアに向けて効果的な中盤のユニットを1つ手に入れることになる。

(取材・文:河治良幸)

text by 河治良幸