レヴァンドフスキが3得点…ポーランド、6発圧勝でW杯出場に王手

写真拡大

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選第9節が5日に行われ、グループEではアルメニア代表とポーランド代表が対戦した。

 6勝1敗で首位を走るポーランドは、今節で勝利を収めれば他会場の結果次第で本大会出場が決まる可能性がある。アウェイでの一戦、先発メンバーにはGKヴォイチェフ・シュチェスニーやロベルト・レヴァンドフスキらがを連ねた。

 ポーランドは開始2分、敵陣右サイドでのパスカットからカウンター攻撃。右サイドのスペースを突破し、最後はグラウンダーのクロスにカミル・グロシツキが飛び込んでゴールネットを揺らした。

 幸先よく先制に成功したポーランドは、18分にレヴァンドフスキがペナルティーエリア右手前からの直接FKを決めて2点目。7分後にはペナルティーエリア内で得た間接FKから、レヴァンドフスキが強烈なシュートを決めて3−0となった。ポーランドは39分、CKから1点を返されたものの、3−1とリードしてハーフタイムを迎えた。

 後半もポーランドは攻撃の手を緩めず、58分にはヤクブ・ブワシュチコフスキが右サイドからカットインし、ペナルティーエリアに差し掛かったところから強烈な左足シュートを決めて4点目を奪った。

 そして64分、ポーランドは左サイドからの折り返しをレヴァンドフスキが押し込み、ハットトリックを達成。終了間際にも加点し、6−1と圧勝した。

 2位のデンマークも勝利を収めたため、ポーランドの本大会出場決定は持ち越しとなった。次節は8日、モンテネグロ代表をホームに迎える。勝つか引き分ければ予選突破が決まる一戦だ。一方のアルメニアは8日に行われる次節でカザフスタン代表とのアウェイゲームに臨む。

【スコア】
アルメニア代表 1−6 ポーランド代表

【得点者】
0−1 2分 カミル・グロシツキ(ポーランド代表)
0−2 18分 ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド代表)
0−3 25分 ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド代表)
1−3 39分 ホヴハネス・ハムバルズミャン(アルメニア代表)
1−4 58分 ヤクブ・ブワシュチコフスキ(ポーランド代表)
1−5 64分 ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド代表)
1−6 89分 ラファウ・ヴォルスキ(ポーランド代表)