@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

もくじ

ーケーニグセグ  0-400-0km/h加減速36.44秒
ーアゲーラRS スペックは?
ーケーニグセグのコメント ブガッティを意識?
ーさらなる記録更新も レゲーラの存在

ケーニグセグ  0-400-0km/h加減速36.44秒

ケーニグセグ・アゲーラRSが、ブガッティ・シロンの0-400-0km/h加減速レコードを破った。

記録は、36.44秒。シロンのタイムを5.52秒も上回っている。


ファクトリードライバーのニクラス・リリャは、デンマークの今は閉鎖されている飛行場でアタックに臨んだ。

記録達成に要した距離は、2441m。ちなみに滑走路の長さは2800mである。

加速距離:1958m
制動距離:483m
 

アゲーラRS スペックは?

・5.0ℓV8ツインターボエンジン
最高出力:1360ps
最大トルク:130.5kg-m


今回の記録は、メルセデス-AMG GT Rが0-100km/h加速に要するタイム、3.6秒の10倍の時間でフィニッシュされている。それもGT Rの最高速度318km/hを、82km/hも上回る400km/hに達してから制動を始めるのだ。

記録は10月1日に達成された。当初の予定では、ドイツのテスト施設で9月30日から10月2日に挑戦する予定であったが、コンディションが思わしくなく変更されたという。
 

ケーニグセグのコメント ブガッティを意識?

ケーニグセグの創設者、クリスチャン・フォン・ケーニグセグは、「チームの働きにはたいへん満足しており、誇りに思っています。この成果というのは、偶然の産物ではありません」


「こうしたモデルを製造するために、わたくし達は全てを注いでいます。来る日も来る日も身を削って働いた成果なのです」

ブガッティの0-400-0km/hタイムについて、直接の言及はないもののクリスチャン・フォン・ケーニグセグは次のようにコメントを残した。
 

さらなる記録更新も レゲーラの存在

「今回の0-400-0km/hタイムに使用したアゲーラRSのオーナーは、他メーカーのモデルとパフォーマンスを比較するのに非常に熱心な方です」


「ダビデとゴリアテの物語に終わりはありません。わたくし達の努力とその成果を見える形にするのはとても大事なことなのです。それが、夢や空想を追い求める人たちに力を与え、不可能と思えることにも立ち向かうファイトを与えるでしょう。ケーニグセグの挑戦とは、まさにそうしたものなのです」

同社は、さらにレゲーラで今回の記録を破ることを計画している。最高出力1500ps、最大トルク204kg-mのレゲーラは、カムレスエンジンのハイパーカーで、0-400km/h加速に要する時間は、たった20秒だ。