松山英樹、ジャスティン・トーマス【写真:Getty Images】

写真拡大

CIMBクラシックで宿敵トーマスと激突…現地メディア「必然的な熱戦が待ち受ける」

 男子ゴルフ世界ランク3位の松山英樹(レクサス)は12日開幕のCIMBクラシック(マレーシア)でシーズンの初陣を迎える。5年連続参戦となった今大会は、ジャスティン・トーマス(米国)との激突がシーズン初戦から実現。地元メディアも「必然的な熱戦が待ち受けている」と報じ、すでに現地では大注目となっている。

 宿敵との激突がシーズン初戦から実現する。CIMBクラシックは松山とともに大会2連覇中のトーマスが参戦。いきなりトップ選手の2人が相まみえることになった。

 松山にとっては8月の全米プロゴルフ選手権でトップで迎えたサンデーバックナインで逆転優勝を許した相手。しかし、シーズン最終戦のプレジデンツカップでは最終日のマッチプレー戦で撃破した。木をすり抜ける“神アプローチ”が炸裂し、現地実況も「おいおい、なんてショットだ!」と大興奮で伝えるなど、プレーオフで不振だった松山の復活を印象付けていた。

 そんな2人がマレーシアに参戦。マレーシア情報誌「ザ・スター・オンライン」は「マツヤマにとってただのCIMBクラシックにはならない……トーマスのおかげで」と見出しを打って、特集している。

 記事では、2人のライバル関係が生み出す熱戦に期待している。

大会最高責任者も熱戦歓迎「トーマスの3連覇を妨げる存在になれば面白い」

「世界ランク3位ヒデキ・マツヤマはCIMBクラシックで、絶好調の世界ランク4位ジャスティン・トーマスへの挑戦に抗うことはできない。必然的な熱戦が待ち受けている」

 さらに、5年連続参戦にこそなったが、当初は日本ツアーへの参戦が予想されていたため、今年の出場はサプライズなニュースになったと記述。その上で「マツヤマの参戦が意味するものは、CIMBクラシックのフィールドで世界トップ5のうちの2人が激突するということだ」としている。

 記事では、世界最高のゴルファーの1人である松山の参戦に対し、大会の最高責任者も「マツヤマがジャスティン・トーマスの3連覇を妨げる存在になれば、それは面白いことだ」とライバル同士の白熱した戦いを歓迎していたという。

 昨季はポイントラインキング1位でシーズンを終え、一躍、真の世界トップ選手の仲間入り。新シーズン初戦の動向から、これだけ注目が高いことも、昨季の躍進が残したインパクトの裏返しだろう。

 果たして、マレーシアの地でどんな戦いを演じ、宿敵トーマスの3連覇を阻むことができるのか。注目は日増しに高まっている。