ノンスタイル井上裕介

写真拡大

10月5日放送の「女ウラミ飯」(テレビ東京系)に元SKE48佐藤聖羅がゲスト出演。交際していたNON STYLE井上裕介との別れについて語った。

【写真を見る】元SKE佐藤聖羅のミニスカ美脚!

そもそも佐藤が井上と出会ったのは、SKE48時代に出演していたある番組での共演がきっかけ。

本番中にカメラが向いていない時間があり、その隙に「お腹空いたね」などと台本に書いて、井上と筆談していたという佐藤。

MCの若林正恭(オードリー)は「そんなことが行なわれてるのか芸能界って!?」と驚きの表情を浮かべ、本番中にも関わらず“おしゃべり”をしていた2人に対して「職務怠慢だね」と厳しく突っ込む。

その後2人の仲は、佐藤がSKE48を卒業するのを待って交際に発展する。

連絡先を交換した後、井上からは「読むのに3分くらいかかる」「スクロールしても終わらない」という長文のLINEが送られてきて口説かれたと明かす佐藤。

井上がたびたび使っていた口説き文句は「彼氏がいるってどんなことか全部、俺が教えてあげる」というもの。

若林は「だっさ!」と声を上げるが、SKE48のメンバーでもあり恋愛から遠ざかっていた佐藤は「その言葉を言われて好きになっちゃったかな…」と振り返る。

交際期間はおよそ2年で、「洗濯物がたたまれてないと嫌」という几帳面な井上のために、佐藤が洗濯物をたたんでおくこともあったという。

交際当初は何も言われなかったが、時間が経つにつれて洗濯物のたたみ方についてお説教された、と佐藤は憤る。

井上は佐藤をクローゼットに連れて行って「俺のたたみ方こうなんやけど、これ見て勉強してたたみ直して」と言い放ったとか。

交際前は長文だったLINEのやりとりも、付き合い始めて時間が経つと「一文字だけとかになってくる。スタンプだけとか」と佐藤。

時間が経つにつれて井上の態度に微妙な変化を感じとった佐藤は、「釣った魚にエサやらないタイプです」と井上の“素顔”を暴露する。

また、若林が「浮気とかなかった?」と問いかけると、「あるに決まってるじゃないですか(笑)」と笑い飛ばす佐藤。

部屋に長い髪の毛が落ちていたり、使用済みのコンタクトレンズがゴミ箱に入っていたり、不審な点は数知れず。

さらに、佐藤と井上の交際を知らないグラビアアイドルの友達から「井上さんに口説かれてるっていうLINEを見せられた」ことが何度もあったという。

「でも、(井上)本人は絶対に認めない」と語る佐藤は、「最後まで認めてないんで、どうなのかなーって」と今も半信半疑の様子。

そういった不満が積もって、井上に別れを切り出そうか迷っていた佐藤。

ある日、井上のために手作りシチューを用意していたが「今日は焼肉食べたい気分」と井上から連絡が。

帰ってくる時間が遅く焼肉店も閉まっているため、手作りシチューを食べてもらおうと考えた佐藤だったが、帰宅した井上は「俺が焼肉って言ったら普通スーパーで肉買ってこん?」と、文句を言いはじめる。

佐藤は当時の心境を「その瞬間にもうブチーン!ですよ。言ってやろうと思いました」と振り返り、その場で別れることを決意したという。

すぐさま部屋の鍵を置いて家を出たが、残したままの余ったシチューについて「私のこと思い出しながら食え!と思って」と、佐藤は怒りをぶちまけていた。

とはいえ、井上とは今でも連絡を取り合う仲だという佐藤。

「井上さんに会ってからいろんなところで気を遣えるようになって」「ちょっと感謝もしている」とも付け加えていた。

次回の「女ウラミ飯」は10月12日(木)放送予定。