サンチェス値千金決勝弾! エクアドルを敗退に追い込んだチリが3位浮上《ロシアW杯南米予選》

写真拡大

▽2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選第17節のチリ代表vsエクアドル代表が5日に行われ、2-1でチリが勝利した。

▽南米予選2試合を残してプレーオフ圏の5位に位置するチリと、8位もチリと勝ち点3差のため出場の可能性を残すエクアドルの一戦。チリはGKブラーボやビダル、サンチェスらを起用し、一方のエクアドルはマンチェスター・ユナイテッドのバレンシアが主将として起用された。

▽試合は立ち上がりからホームの声援に押される形でチリがボールを保持して積極的に仕掛ける。すると、22分に試合が動いた。相手陣内のボックス左付近でサンチェスがバレンシアからボールを奪取すると、ボックス左に侵入したバルディビアがマイナスの折り返し。これに合わせたエドゥアルド・バルガスがネットを揺らし、チリが先制した。

▽ハーフタイムにかけてもチリが攻勢に出る。43分には縦に速いカウンターで決定機。サンチェス、バルディビアと素早くつないで、最後はボックス左付近でメナがダイレクトシュートを放つ。しかし、これはわずかに枠の右にはずれた。

▽1-0のまま迎えた後半、チリは序盤に2点目のチャンスを迎える。ボックス右手前でビダルがクロスを入れると、ゴール前で完全にフリーになっていたバルディビアが頭で合わせる。しかし、このヘディングシュートをバーの上にはずしてしまい、チリはリードを広げる絶好機を生かせない。

▽終盤にかけては、ビハインドを背負うエクアドルが盛り返す展開となる。すると83分、ボックス右奥付近でオルドニェスが折り返したボールに正面のロマリオ・イバーラがシュートを流し込んで、エクアドルが同点に追いつく。

▽しかし、すぐさまチリが反撃。失点直後の85分、敵陣右サイドの深い位置でボールを奪ったビダルがパス。正面でボールを受けたグティエレスのシュートはGKに弾かれたが、こぼれ球をサンチェスが押し込んで、チリが再び勝ち越しに成功した。

▽結局、試合はそのまま終了。サンチェス決勝弾で勝利したチリが3位に浮上した一方、エクアドルは最終節を前に敗退が決まった。

◆南米予選順位表

(勝ち点/得失点)

1.ブラジル (38/27)

2.ウルグアイ (28/10)

3.チリ (26/2)※総得点26

4.コロンビア (26/2)※総得点20

―――――――――――――――

5.ペルー (25/1)※総得点26 PO圏

―――――――――――――――

6.アルゼンチン (25/1)※総得点16

7.パラグアイ (24/-5)

8.エクアドル(20/-1)

9.ボリビア(14/-20)

10.ベネズエラ(9/-17)