映画『ドリーム』はハリウッドの新しい波の象徴となるーー黒人女性たちが成し遂げた偉業

写真拡大

 近年、社会の至るところで唱えられている「ダイバーシティ(多様性)」。これまで白人の、とりわけ男性が優位的な立場にあったアメリカの映画業界にも、変化の波がやって来ている。

参考:初登場7位のスマッシュヒット『ドリーム』が日本の洋画業界に残した宿題

 アカデミー賞を選ぶアカデミー会員の多くが白人男性であることが問題視されたことで、会員の構成を見直すことになった出来事や、白人以外の人種の役を白人が奪うことを意味する「ホワイト・ウォッシュ」を行う作品が批判されるケースも増えた。新しい『スター・ウォーズ』シリーズや、リブート版『ゴーストバスターズ』は女性が主人公となるなど、娯楽大作のイメージも変化してきている。

 そんなハリウッドの新しい波の象徴となるだろう映画が、本作『ドリーム』だ。この作品はまさに、白人でもなく、男性でもない存在が、白人男性たちが権威を振るう業界に乗り込み、権利をつかみ取っていくという内容を描き、アメリカ国内で大ヒットを果たしたからだ。ここでは、そんな映画『ドリーム』の内容に迫りながら、描かれたテーマを読み取っていきたい。

■NASAの偉業を支えていたのは、大勢の女性たちだった

 舞台は、1960年代初頭、ソ連と熾烈な宇宙開発競争を繰り広げていたアメリカ航空宇宙局(NASA)ラングレー研究所である。コンピューターが本格的に実用化される前、研究所には大勢の女性職員が「計算係」として配属されており、そこで開発されたロケットによる、アメリカ初の有人飛行計画成功の裏には、多くの黒人女性たちの努力があったというのだ。我々は、この頃の宇宙開発の人員というと、何となく白人男性をイメージしがちであるが、それは女性職員たちの活躍が、いままで積極的に語られてこなかったのが原因だろう。本作を見ると、性差別や人種差別が現在よりもはるかにはびこっていた当時の社会状況のなかで、彼女たちの成し遂げた業績は、本当に偉業といえるものだったということに気づかされる。

 本作では、そのなかでもとくに歴史的な存在となった、実在する三人の女性にスポットがあてられている。天才少女として期待をかけられ育った、数学なら誰にも負けないキャサリン・G・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、管理職を目指すドロシー・ヴォーン(オクタヴィア・スペンサー)、エンジニア志望のメアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)である。彼女たちはそれぞれの立場で、差別や偏見に遭いながら、あきらめずに努力を重ね、ロケット開発事業に貢献していく。

 ソ連との開発競争に血道を上げていたNASAは、有人飛行のための打ち上げについて失敗を繰り返し、試行錯誤を繰り返していた。そのなかで軌道計算のために数学者が必要となり、複雑な計算ができるキャサリンを宇宙特別研究本部に配属するという異例の人事を行った。研究本部に足を踏み入れた黒人は、キャサリンが初めてであった。やがて彼女は、軌道計算のための決定的な数式を見つけることになる。

■欺瞞で成り立っていたアメリカ社会

 その時代、研究所のあるヴァージニア州を含むいくつもの州では、「ジム・クロウ法」という人種を隔離する法律が、いまだに残っていた。社会の秩序を守るという「美名」の下、白人以外の「有色」とされた黒人やアメリカ先住民、黄色人種などは、様々な施設で白人と同じ扱いを受けられず、バスや映画館の座席、水飲み場やトイレなどの公共的な場所が、「白人用」と「有色人用」に分けられていたのだ。その裏にあるのは、黒人や黄色人などと一緒の水を飲んだり、一緒のトイレを使用するのは耐えられないという、きわめて幼稚で差別的な意識だといえよう。

 それまで黒人が足を踏み入れなかった研究本部の棟には「有色人用」のトイレはなく、キャサリンは仕事中トイレに行く度に、片道800メートルの距離を1日に数回往復しなければならない。キャリアのためにコンピューターの技術書を読もうとしたドロシーは、白人用の図書館を追い出され、メアリーはエンジニアになるために必要な授業を受けるため、白人用の学校に行く許可を得るよう嘆願しなくてはならない。当時の黒人たちは多かれ少なかれ、理不尽な法律によって、このような意味のない努力を強要されていたのだ。

 ここで明らかになるのは、これまでの社会に存在していた「欺瞞」である。アメリカで活躍する学者や管理職やエンジニアなど、比較的高い地位のなかに、女性や有色人種が少なかったのは、「アメリカの白人男性が優秀だから」だと、何となく思い込まされているところがあった。だが、アメリカ社会がそのような状況になっていた本当の理由は、“女性や有色人種が活躍できないように排除されたり、ハンデを背負わされていたから”だった。それを証拠に、この研究所は女性職員がいなければ業務は滞り、キャサリンという数学の天才がいなければ、有人ロケットを飛ばすことはできなかったのだ。

 肌の色や性別で人間を判断すると、本当の才能を取り逃してしまう。倫理や道徳的な意味で「差別」が悪であることはもちろんだが、同時に差別は“非効率的“なものなのだ。白人優位社会、男性優位社会を守るという意味においては、「差別」は彼らにとって有効に機能するのかもしれない。しかし、ロケット開発のように、明確で現実的な目的がある場合、そんな了見の狭い行いを続けていては、彼ら白人男性たちにとっても不利益になり得るのである。

■「アンクル・トム」の生き方

 エンジニアを目指すドロシーの夫は当初、NASAで働く妻の仕事に対して、あまりいい顔をしていなかった。このような不平等な差別社会自体を転倒させてやりたいと考えるような彼にしてみれば、彼女の頑張りが、「白人の世界」に奉仕しているように見えていたのだろう。黒人の間では、白人社会の管理のなかで成功をつかんでいくような生き方をしている黒人に対して、複雑な感情を持つ場合がある。

 黒人奴隷が法律的に解放される10年ほど前に、『アンクル・トムの小屋』という、黒人奴隷に対して好意的な小説が出版されている。奴隷として生きる黒人の人間性を描いた作品のヒットは、間接的に奴隷解放への助けになったことは間違いない。

 だが時が流れ、『ドリーム』とも時代がかぶる「公民権運動」が盛んになった時代では、「アンクル・トム」という言葉は、黒人の間で、白人による支配を受け入れ媚びを売るように見える人物への蔑称として使用され始めた。映画では、ハリウッドの黒人俳優の第一人者であるシドニー・ポワチエが揶揄されたり、老齢の白人未亡人と、専属の黒人運転手が友情をはぐくむという内容の『ドライビング Miss デイジー』(1989)に出演したモーガン・フリーマンも、アンクル・トムとしての汚名を着せられていたときがあった。

 リー・ダニエルズ監督の『大統領の執事の涙』(2013)は、まさにこのような葛藤を描いた映画だった。歴代の大統領のために忠実な執事としてホワイトハウスで給仕をしている、フォレスト・ウィテカー演じる主人公は、社会への抗議活動をする息子にとって受け入れがたい存在である。この執事は確かに、キング牧師のように、白人優位社会に対して真っ向から挑むような業績は残していない。しかし、彼の生き方が黒人にとって無意味であったかというと、そんなことはないはずだ。この作品の執事のように、大勢の黒人たちは、差別という現実のなかで、心ならずも白人に頭を下げ続けることで家族を守り、白人の信頼を得ることで、自分やその子孫が社会進出しやすくなるような足掛かりを作り、黒人社会に寄与したのである。それが偉大な業績でないはずがない。

■月面へと踏み出した「偉大な一歩」

 話を『ドリーム』に戻そう。キャサリンは職場で、共用のコーヒーポットを使うことを許されず、自分だけのポットを用意されることになる。これでは、「俺たちは黒人であるお前を生理的に受け入れられない」と言われたのと変わらない。遠くのトイレに出かけるたび、コーヒーを淹れる度に、彼女はそういう思いを噛み締めなければならなかったのである。このようなプライドを踏みにじられるような職場で、誰が働きたいと思うだろうか。そんなところはすぐ辞めてしまって、同じ人種のコミュニティーの中で気兼ねなく生活した方が、よほど気楽で解放されるはずだ。

 しかし、彼女は職場にとどまった。それは、自分の才能を発揮できる唯一の場であることはもちろん、自分がいまここにいるのは、自分だけの力ではないことを知っているからだ。自分の才能を信じ、ここまで育ててくれた両親、進学するための引っ越し費用を集めてくれた田舎の教師たち、そして自分の挑戦を喜んでくれる娘たち…。キャサリンは、それらみんなの想いを背負い、女性の代表として、黒人の代表としてここに立っているのだ。アメリカの宇宙飛行士ニール・アームストロングが月に降り立ったとき、「一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍だ」と言ったように、この職場へと踏み出した一歩は、黒人や女性の飛躍へとつながるのである。

 彼女の姿は、多数派じゃなくても、差別を受けるような環境にあっても、力を尽くしてやり抜くことで、偉業を成し遂げられるという実例を示してくれている。そして、観客一人ひとりに、新たな一歩を踏み出す勇気を与えてくれるのだ。

 本作はこのように、アツい情熱と重いテーマを扱っているが、オーソドックスな演出で、大勢の観客に理解しやすい娯楽的な内容になっている。ファレル・ウィリアムスによる軽快な楽曲や、カラフルな60年代ファッションもオシャレで、この映画を軽やかで華やかな印象にしている。だからこそ、本作はより多くの観客に受け入れられ、重要なメッセージを広く伝えることに成功したといえる。『ドリーム』は本当に、できるだけ多くの観客に観てもらいたいと思える、「いまの時代の」作品である。(小野寺系)