ア・リーグのワイルドカードゲームは、田中将大(28)のヤンキースがツインズを下してインディアンスとの地区シリーズへ。ナ・リーグは4日(日本時間5日)、ダイヤモンドバックスとロッキーズが戦い、勝者がドジャースとの地区シリーズに駒を進める。

 ドジャースは今季、西地区を独走して30球団ナンバーワンのシーズン104勝をマークした。ワールドシリーズに勝てば実に29年ぶり。ドジャースは、果たして世界一になれるか。ダルビッシュ有(31)と前田健太(29)はチームの勝利に貢献できるか。

 ポストシーズンでダルは3戦目の先発、マエケンは中継ぎが予定されているが、ともにプレーオフの成績はヒドい。

 ダルはレンジャーズ時代、12年と16年のポストシーズンで2試合、計11回3分の2に投げて10安打8失点、防御率5・40。マエケンは昨年、3試合、計10回3分の2に登板して12安打8失点、防御率6・75。そろって大一番に弱いうえ、ドジャース自体も世界一となると疑問符がつく。

「8月下旬から9月にかけての失速が気になります。9月は11勝18敗と大きく負け越し。ベリンジャー、シーガー、テイラーらの主力打者たちが調子を落とし、得点力は大幅にダウンしました。バイエズ、フィールズといった中継ぎ陣も、終盤にきて打ち込まれるようになった。01年に年間116勝のメジャータイ記録を樹立したマリナーズも、リーグ優勝決定戦でヤンキースに敗れた。シーズン中に勝ちまくって、その勢いをポストシーズンまで持続するのは至難の業なのです」

 とはスポーツライターの友成那智氏。ならば世界一に近いのはどこか。

「ア・リーグのインディアンスが強いと思いますね。9月にかけて22連勝したように、チームに勢いがある。昨年も後半に追い上げ、ワールドシリーズまで駒を進めましたが、今年はさらに戦力がアップ。ともに18勝したクルーバーとカラスコに続く、先発3番手のクレビンジャーが12勝をマークして成長したのも大きい。ナ・リーグはシャーザー、ストラスバーグ、ゴンザレスの先発3本柱が強力なナショナルズが勝ち上がると思いますね」