来日3年目の今季は、チームが4位に沈む中、初の開幕投手を務めるなど27試合で14勝8敗、防御率は2.25。リーグトップの187三振を奪い、最多奪三振のタイトルが確定した。

 今年は2年契約が切れることもあり、登板試合のスタンドにはメジャーのスカウトが陣取った。米球界復帰が噂される来季については、「これから考える。(巨人に)戻って来られれば。(巨人と契約を)継続できれば自分としては素晴らしい」と言いつつ、「メジャーと巨人のどちらが第1希望? 自分の中でメジャーの舞台は常に夢を見てきた所。いろんな要因を考慮して、じっくりと考えて決めたい」と明言はしなかった。

 が、傍らにいたローレン夫人は「決め手? 彼をたくさん評価してくれる場所よ。彼が一番ハッピーになれる環境でやってくれればいい。それは日米どちらでも」とニッコリ。どっちが有利ということはない。要は“「カネ」や「条件」次第で考えますよ”と球団側を牽制したわけだ。

■巨人は「破格の条件」で引き留め工作

 菅野と並ぶエース格。もし流出するようなら、チームを根幹から揺るがす一大事には違いない。今季の年俸は2億4000万円。マイコラスの残留交渉は、球団のオフの重要課題となっている。破格の条件提示で引き留めにかかるともっぱらだ。

「マイコラス側は自身に複数のメジャー球団が群がっていることを駆け引きの材料に使うでしょう。足元を見られる巨人は、年俸を倍増に近い5億円前後まで引き上げざるを得ない。最近の巨人は、外国人選手と複数年を結んでも2年契約が多かったが、特例として『長期保証』も考えている。かつて在籍した韓国の英雄イ・スンヨプに4年総額30億円という札束を積んだ例もある。メジャーのオファーは、初年度は単年で300万ドル程度とみられているから、巨人はカネと長期契約で勝負するのです」(球界関係者)

 マイコラスは「自分と球団(巨人)が合意できればいいね」と不敵に笑い、機上の人となった。

 13勝3敗で防御率1・92だった来日1年目の2015年オフも同様だった。メジャー復帰をちらつかせ、年俸8300万円から約3倍増の2億4000万円の2年契約を勝ち取った実績がある。巨人はこの助っ人に、またもバカ高いカネを搾り取られることになりそうだ。