女優の仲里依紗(27)が4日、伊勢丹新宿店で行われた「Candy Stripper×ISETAN SHINJUKU」期間限定オープンのトークショーに登壇した。

 仲は、同ブランドとコラボで5アイテムを制作。自身の3歳時の写真をコラージュしたパーカに7色に光るブルゾンを着て登場した。

「突き抜けたブランドで、私が好きなもの、やりたいことを全てやらせていただき、5アイテム全てコーディネートできるように作りました」とご機嫌の仲は両親がアパレル関係の店を経営。少女時代は雑誌の専属モデルをつとめた経験もあり、SNSなどでのファッションセンスの評価も高い。

 プライベートでは、2013年に俳優の中尾明慶(29)と結婚、1児の母でもある。

「今回の服を見て旦那さんも『里依紗らしくていいね〜。他の人にできないことやるね!』って言ってくれました。旦那さんは、私が自分らしくいられるように温かく見守ってくれています」とおノロケまで披露。7月クールの「黒革の手帖」では銀座のホステス役がハマリ役で評判だったが、奇抜な見かけと違って家庭では良妻賢母のようだ。