キャラクターは全て小栗旬!アニメ『アンパンマン』まさかの実写化

写真拡大

日本テレビ系『ZIP!』内で放送されている、どんなお笑い芸人が登場するかわからない玉手箱「ワラガチャ!」。10月6日の放送回では、“小栗旬認定漫才”の土佐兄弟(土佐卓也、土佐有輝)が登場した。

毎度お馴染みとなっている有輝の「僕が小栗旬だ」の掛け声で漫才がスタート。「今日は小栗旬でアンパンマンの実写化をやってみようと思う」ということで、有輝が「僕がアンパンマンだ。止めるんだばいきんまん」とアニメの名シーンを再現する。これに卓也が「小栗旬感が強いけど」とツッコミを入れるも、有輝は「はっひふっへほー」とまたも小栗として、ばいきんまん役を演じる。さらに、水鉄砲でアンパンマンの顔を濡らし、「顔が濡れて力が出ねえ」とまさかの言葉遣いで一人二役を演じ分ける。

その後、アンパンマンの顔を持ってきたバタコさんも小栗として演じ、顔の交換を終えると「元気100倍、アンパンマン!」とキメ台詞を言い放つ。そして、最後にはチーズまでも小栗として演じると、卓也が「チーズはいいだろ!」と締めくくった。

放送終了後には、ネット上で「土佐兄弟面白かった!」「朝から土佐兄弟のネタで爆笑してしまった」「今日のワラガチャはちょっと面白かったぞ」と反響を呼んでいた。