画像提供:マイナビニュース

写真拡大

米Microsoftは10月5日 (現地時間)、Androidアプリ「Microsoft Launcher」のプレビュー版をリリースした。MicrosoftのサービスやWindowsの機能向けにAndroidのホーム画面をカスタマイズできるツールだ。Microsoftの社員がアイディアを試すGarageのプロジェクトの1つとして提供されていた「Arrow Launcher」が製品に昇格したもので、Arrow Launcher (ベータ)のユーザーは自動的にMicrosoft Launcherにアップデートされる。

Windowsデバイスで管理しているニュース、予定イベント、ドキュメント、連絡先などを、Android端末でもフィードでチェックできる。フィードを既定のホームに設定することも可能。スマートフォンで撮影した写真をPCで開いたり、スマートフォンで開いたドキュメントの編集をPCで続けるなど、スマートフォンからPCにタスクを送る「Continue on PC」の利用が容易になり、検索バーからファイル/アプリ/Webのユニバーサル検索を行える。また、壁紙、アクセントカラー、アプリアイコン、ジェスチャーなど、デバイスの外観と操作性をカスタマイズできる。