2017年10月4日、六本木ヒルズで4代目となる新型ルノー・メガーヌの発表会が開催されました。今回はまず5ドアハッチバックとスポーツ・ツアラーと名づけられたステーションワゴンの2種類で全3グレード展開となります。

会場には今年でルノーがF1に参戦して40周年を迎えるということで、カーナンバー30、ジョリオン・パーマー選手のF1も展示されていました。

11月9日より販売開始される新型ルノー・メガーヌが属するCセグメントには、フォルクスワーゲン・ゴルフをはじめ強力なライバルが存在します。そこで、新型メガーヌは「革新のコーナリングレスポンス」を追求した高いコーナリング性能でライバルたちとの差別化を図っています。

新しいレベルのドライブフィールを実現するために、新型メガーヌは「4コントロール」と呼ばれる4輪操舵システムを搭載しました。この4コントロールはこれまでラグナGTなどに搭載されていた電子デバイスです。

ルノーのレーシング部門であるルノー・スポールがチューニングした4コントロールは、電子制御のアクチュエーターでタイロッドを動かしリアタイヤを操舵します。リアタイヤの切れ角は1秒間に100回の演算処理を経て自動で決定。最大切れ角は2.7度となります。

時速約60km未満(スポーツモードでは時速80km未満)では後輪は前輪と逆方向に向く逆位相となり、最小回転半径を小さくして取り回しが楽になります。一方、時速約60km以上(スポーツモードでは時速約80km以上の走行時)では後輪は前輪と同じ方向を向く同位相となり、コーナリングでの安定性を高めます。

ダイナミックさが増した新型メガーヌのエクステリアデザイン。フロントとリアにデイライトランプとして機能するLEDランプを装備。特にフロントはルノーデザインを象徴するCシェイプフルLEDランプ(GT-Lineはハロゲン)はオートハイ/ロー切り替え機能を搭載しています。

インテリアは上質さとスポーティさを調和させたコクピットが特徴。表示パターンと色が変更できる7インチフルカラーTFTメーター、マルチメディアシステムのR-Link2など最新のインターフェイスを採用しています。

搭載されるエンジンはメガーヌGTとスポーツ・ツアラーGTには最高出力205ps、最大トルク280Nmを発生する1.6L直列4気筒直噴ターボ。そしてGT-Lineには最高出力132ps、最大トルク205Nmを発生する1.2L直列4気筒直噴ターボの2種類。両エンジンとも組み合わされるミッションは7速EDC(デュアルクラッチトランスミッション)です。

そして新型メガーヌは先進の運転支援システムが充実しています。車体に取り付けられた12個のセンサーとフロント・リアに装着された2つのカメラ、そしてフロントに設置されたミリ波レーダーによって構成されています。機能としては衝突被害軽減ブレーキのエマージェンシーブレーキサポートをはじめ、車車間距離警報、線逸脱警報、後側方車両検知警報、オートハイ/ロービーム、イージーパーキングアシストの6種類です。

優れたデザインと高い走行性能。そして安全性能を備えた新型ルノー・メガーヌの車両本体価格は5ドアハッチバックのメガーヌGT-Lineが263万円、メガーヌGTが334万円。ステーションワゴンのメガーヌスポーツ・ツアラーGTが354万円となっています。

(萩原文博)

【新車発表】新型ルノー・メガーヌは際立つスポーツ性能でライバルとの差別化を図る(http://clicccar.com/2017/10/06/518246/)